「今日から俺は!!」(番組HPから)

写真拡大

 ランチタイムに職場の同僚とテレビドラマの話題…なんてことも少なくなってしまった昨今。一部の中年サラリーマンの間で月曜昼時に盛り上がっているドラマがある。「今日から俺は!!」(日本テレビ=日曜夜10時30分)だ。

自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

「『今日俺!!』の第5話までの平均視聴率は9・18%。同じ日テレの『獣になれない私たち』」(水曜夜10時)が8・62%、『ドロ刑』(土曜夜10時)が9・14%ですから、誤差の範囲とはいえ、今のところ今期の日テレドラマでトップです」(在京キー局関係者)

 千葉の不良高校を舞台に、金髪の三橋とトゲトゲ頭の伊藤の"ツッパリ"コンビを中心に、ギャグありケンカありのコミックが原作。連載開始は1988年で、世がバブルに浮かれ出し、70年代末から80年代初期に幅を利かせていた"ツッパリ"が徐々に廃れ始めていく時期だった。

「映画『銀魂』や、テレ東のドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一氏の脚本・演出。もともと独特の"福田組ワールド"は固定ファンが多い上に、原作コミックを読んでいた今の40代半ばから50代もハマっているようです」(ドラマ制作会社関係者)

 "短ラン""長ラン""ボンタン""ドカン"のリアルな記憶がある世代も、今やアラフィフに。ドラマで主演の賀来賢人(29)と、伊藤健太郎(21)が演じる三橋と伊藤のおバカなツッパリ高校生ぶりに、福田氏独特のワールド全開のギャグが「この世代の癒やしになっています」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう続ける。

「『今日俺!!』は、福田組ファンの30代は録画でも見ていますが、それ以上の世代は日曜夜10時半〜11時半のオンタイムで見ることが多いようです。放送後のネットの書き込みでそれが分かる。過去のこの枠の視聴率より若干高い数字になっているのは、そのためでしょう。新たな1週間が始まるユーウツな日曜の夜。あの『男の勲章』が主題歌の『今日俺!!』を見て癒やされ、『明日から俺は!!』と決意を新たにするのが、働くおじさんのトレンドみたいですね」

 ヒロインを演じる清野菜名(24)の“昭和の女子高生”姿に癒やされているオトーサンも多い? 
(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)