Image: Zenzen/Shutterstock

映画『ターミネーター』の未来まであと10年!?

ここ最近、「AIが人間の仕事を奪う」なんて話をよく耳にするようになりましたよね(むしろ任せたい仕事はたくさんある)。でもアレコレ見ていると、まだまだ人工知能は膨大な情報を読み込ませた上で、最適解を出すのが得意……くらいの賢さのようです。

ではいつになったら、我々が恐れる・期待する未来がやって来るのでしょうか? Future Timelineによりますと、それは早くともあと5年。遅くともあと10年くらいになるようです。

専門家たちが集まった

このたびスタートアップ企業のSingularityNET社と、AI研究開発を行なっているGoodAI社が主催し、チェコ共和国にて欧州での第1回「ヒューマン・レベル・AI」(HLAI)カンファレンスが開催されました。そしてFacebook AI Researchのトマシュ・ミコロフ氏や、DeepMindのイリーナ・ヒギンズ女史などの専門家が集結したのです。

この会議では、「あと5〜10年で人間レベルの人工総合知能(AGI)が作られる」と考える研究者たちは40%ほどいました。そして「今後20年以内の登場になるだろう」と考える人たちが28%。「まったく現れない」と考えているのはたった2%という集計結果でした。

ふむふむ。2028年には人間レベルのAIが完成しているイメージですね……。思ってたより早い!

AIによる脅威は?

また会議で話し合われた「AIの安全と社会影響シンポジウム」では、AIが及ぼす世界的な競争やリスクに焦点を当てた内容となり、こちらのアンケートでは、今後AGIが抱える最大の脅威は、軍事用途を心配する人が59%、監視システムへの不安を示す人が39%という結果に。

そのほかにも中央集権やプライバシー問題、そして教育の関連のAIの欠如が共通の懸念材料として話題になったそうです。

AIによって改善される業種

それでも、回答者はAIが近い将来、多くの業界にプラスの影響を与えることができると述べました。もっとも大きな変革の可能性があると見なされた分野は、以下が提案されました。

・医療(46%)

・物流(41%)

・顧客サービス(38%)

・銀行と金融(34%)

・農業 小売、ソフトウェア開発、製造業(28%)

人間が手と頭を使わないといけない現場は、いましばらくAIやロボットに替えが利かなさそうです。ですがそうした作業をしている人間をアシストするのなら、AIは最高のパートナーになるでしょうね。音声コマンドでデータベースを瞬時に検索なんて、今は手元で起こっていますし。

ということで、5年から10年でますます便利な社会になりそうです……AIが人間に反旗を翻すまでは、ですけど。

Source: FutureTimeline