U17日本代表のメンバーに召集されたFW久保建英【写真:Getty Images】

写真拡大

スペイン紙『アス』が5日に掲載したU17W杯の注目選手10人に、FC東京U-18所属のFW久保建英がノミネートされた。

 今月6日からインドで開催されるU17W杯には、将来を有望視された実力のある若手選手が多く参加することになる。今回16歳という若さながら、U17日本代表としてメンバー入りを果たした久保もその例外ではない。

 他にもスペイン代表やブラジル代表など世界の強豪国から注目選手が紹介される中、同紙は久保を「日本の未来の10番」として紹介している。

 「久保は4年間マシア(FCバルセロナの下部組織の総称)に在籍し、2015年に日本へ帰還した。FC東京のトップチームでは試合に出場し、点までも決めている。U20のカテゴリーでも直近のW杯ではいいプレーをした。小さいが、将来性が高く器用な選手だ。日本では未来の10番とされている」

 U17日本代表は8日、ホンジュラスとグループリーグ初戦を戦う。久保の抜群のタレント性と豊富な経験は、日本代表の攻撃陣を大いに助けることになるだろう。

text by 編集部