NHKが今年も「24時間テレビ」を挑発か「障害者がんばっているの見て面白いですか?」

写真拡大

27日、NHK Eテレで放送された「バリバラ」が、昨年に続き同時間帯の「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)を意識したかのような内容を放送。Twitterで話題となった。

昨年も「24時間テレビ」の真裏で放送していた「バリバラ」。今年の放送では、出演者たちが黄色いTシャツを着用し、テーマ「笑いは地球を救う」や、地球をデザインしたマークを飾るなどどこか「24時間テレビ」と似ている。番組冒頭でMCの山本シュウは「『VS』じゃないからね。『with』やと思って勝手にやってるだけ。応援してるワケや」と説明した。

だが、その後に山本が発表した番組のテーマは「告白! あなたの夢は何ですか?」。これは「24時間テレビ」の今年のテーマ「告白 〜勇気を出して伝えよう〜」と似通っており、山本は「やっぱり何か狙ってる」と苦笑いする。

さらに、スタジオでは番組マスコット「いろいろさん」がマラソンランナーの格好をして走っていた。「いろいろさん」が、「今日さっき、いきなり走れって言われたんで」と当日にマラソンランナーだと発表されたブルゾンちえみのようなことを言い出し、山本も「あれ? 坂本さんは? 伴走してくれはる?」と、マラソントレーナーの名前まであげる場面も。

「24時間テレビ」では、義足の女性がイモトアヤコのサポートで槍ヶ岳登山に挑戦していた。一方、「バリバラ」では、脳性まひの男性が鳥取県の大山(だいせん)に登りたい夢を告白するも、足を動かすことができず、登山を断念した。

男性は「自分(の力)で登りたいって言ってるワケじゃない。景色見れたらいい」とリフトを使いわずか10分で展望台へ。男性は「十分堪能できました」と満足げにし、「障害者、がんばっているのを見て、そもそも面白いですか?」と疑問を投げかけた。

VTRを見たたんぽぽ・白鳥久美子は「ちょっと最初はね、やっぱ感動しようとしてた」「それこそがでも、ちょっと押しつけがましいんだな」と、感想を漏らしていた。

同日、あるTwitterユーザーが、こうした「バリバラ」の内容を放送画面のキャプチャーとともに紹介した。 「裏のチャリティ番組」とは同時間帯に放送されていた「24時間テレビ」のことだと思われる。

このツイートは28日10時の時点で2万5000件以上のリツイートと、3万1000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

【関連記事】
全盲の少年に任天堂が「神対応」 Twitterで大反響を呼ぶ
新米ママを励ます高齢者の言葉に反響「赤ちゃんの泣き声を聞くと元気が出る」
タクシー会社の乗客への注意喚起に反響「乗務員に被せるしか…」