By flickr.com/volver-avanzar !!!

ロシアは世界で最も喫煙者が多い国のひとつであることが世界保健機関(WHO)の調べでわかっており、未成年である15歳の13%が毎日喫煙しているというデータも出ています。この状況を重く見たロシア政府が、2015年以降に生まれた人が大人になってもタバコを購入できないようにするという法案を検討していることがわかりました。

Минздрав решил отучить россиян от курения запретом на продажу сигарет - Известия

http://izvestia.ru/news/656193#ixzz4VNqnkiUj

Russia Proposes Cigarette Ban For Anyone Born After 2015

http://gizmodo.com/russia-proposes-cigarette-ban-for-anyone-born-after-201-1791040953

以下は世界中の国ごとの喫煙率をWHOが調査した2015年のデータで、世界一喫煙率が高いのはインドネシアの76.2%で、2番目がヨルダンの70.2%、3番目がキリバス共和国の63.9%、4番目にシエラレオネ共和国の60%、5番目がロシアで59%となっており、ロシアは世界でも有数の喫煙大国であることがわかります。ちなみに、日本の喫煙率は33.7%です。ロシアでは18歳から喫煙が合法的に認められていますが、15歳の喫煙率も13%に達しており、成長期の身体への健康被害が懸念されます。



この状況を打破するべく、ロシア政府は2015年以降に生まれたロシア市民のタバコ購入を禁止するという法案を検討しているとのこと。世界的に見ても最も厳しいレベルの喫煙防止法案となり、タバコの販売や屋外での喫煙を禁止しているブータン共和国に匹敵します。法案は2015年生まれのロシア市民が18歳になる2033年に発布される予定で、それ以降はロシア国内でタバコの販売が禁止されることになります。



By Jenjke Bykov

厳しい喫煙防止法案を発表することにより、2025年までにロシア国内の喫煙率を25%まで低下させるという狙いもあるとのこと。一方で、タバコの販売が禁止されることで、違法的な偽造タバコなどの製造につながることを懸念する声や、タバコの販売をどのように取り締まるのか疑問視する意見もロシア国内の政治家から挙がっているとのことです。