本田圭佑(撮影:岸本勉/PICSPORT)

写真拡大 (全11枚)

11日のオマーン戦で4-0と勝利した後、本田圭佑はミックスゾーンに現れるなり「次(のサウジアラビア戦)のほうが大事なんで、あんまり多くはしゃべらないほうがいいかなと思ってるんですけど」と報道陣を牽制した。情報が漏れることを嫌ったのだろう。

だが、中心選手が口を閉ざしてしまってはニュースにならないのも本田は知っている。だから「簡単に言うと、まぁまぁ、相手も相手ですけど、試したいことも試せたかなと思ってます」と自分から語り出した。

本田が明かしたのは、一番試したかったのは「自分のポジショニング」という。

本田はこの試合でタッチライン沿いに開くのではなく、齋藤学とともにやや内側にポジションを取った。3バックのオマーン守備陣を中央に集め、外を酒井宏樹と酒井高徳の両SBが駆け上がる。これで相手のワイドMFも守備に下がらざるを得なくなり、オマーンは5バックになってしまった。

するとオマーンの攻撃の人数が少なくなり、日本はより試合を支配しやすくなった。またトップの大迫勇也と本田、齋藤の距離が近くなり、パス交換がやりやすくなった。

本田は「キヨ(清武弘嗣)も同じようなことをたぶん考えてたから、たまたまうまくいった部分もあったし、実際その点も話していたんで、事前にね。距離感もそう感じたというのはもちろん意図的な部分もあったのかなと」と手応えを感じたようだ。

だが、本田が試したのはそれだけではないはずだ。ときに左サイドに現れるほど、本田は様々なポジションを試した。中央に留まる時間が多かったのは、自分の好きなポジションを取ることでどれだけできるのか、確認するとともにヴァイッド・ハリルホジッチ監督に示したかったのではないだろうか。

そんな様々な手応えについて本田は明言を避けた。「メディアのみなさんに言って、メディアのみなさんが監督に言うといろいろややこしくなるんで」という。表情から読み取るとすると、気を引き締めようとしていたが、楽観的になる材料はあったようだ。

本田は2点目のポジションを入れ替えながら飛び出していく動きについて口を開きかけた。だが「でもまぁ次が本当に大事なのでこれくらいにしておこうかと思います」と報道陣に断りを入れ、立ち去っていった。

【日本蹴球合同会社/森雅史】

▼ 本田圭佑

(撮影:岸本勉/PICSPORT)


▼ 本田圭佑

(撮影:岸本勉/PICSPORT)


▼ 大迫勇也

(撮影:岸本勉/PICSPORT)


▼ 大迫勇也

(撮影:岸本勉/PICSPORT)


▼ 浅野拓磨

(撮影:岸本勉/PICSPORT)