こちら葛飾区亀有公園前派出所奉納式


9月3日(土)に東京・神田明神にて「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(著・秋本治)連載40周年記念完全描きおろし絵巻奉納式の記者発表が行われ、同作が「週刊少年ジャンプ」42号(9月17日(土)発売)をもって連載終了することが発表されました。

1976年の連載開始から読者に愛されてきた「こち亀」。連載終了について秋本治先生はコメントを発表しました。

■作者・秋本治先生コメント
びっくりさせて申し訳ないです。今日、こんなめでたい席で終わっちゃうのは
寂しいかもしれないけど、本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が
40年続くってことはまずありえないですよね。
やっぱり、少年誌は読んでくれる方がどんどん変わるし、ましてや週刊の方は
色んな新しいのを入れながら動くってのが少年誌の王道なので。
そんな場所で40年描かせてもらえたことは本当に嬉しいことなんです。
ましてや200冊まで出してくれたっていう、集英社と週刊少年ジャンプ編集部に
作家としては本当にどれだけ頭を下げても足りないぐらいです。
200巻は作家にとって、勲章みたいなものですね。

両さんはお祭りが大好きなんですね。
で、200巻ということで、区切れの200で止めるのが一番こう、
ぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときに
スッと消える感じがやっぱり両さんらしいし、そしたらこれしかないなということで。
もちろん編集長とかはできるだけ描いてくださいというのもありましたけど、
やっぱり両さんの引き際としては、200冊残して40周年で祝ってもらって
スッと消えるのがやっぱり一番良い大団円の場かなと思いましてそれで決めました。
これ本当に作家冥利に尽きる話で、もちろんいつまでもずっと描きたい
気持ちはもちろんあるし、『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります。
でもやっぱり両さんはこれで一区切りつけて、機会があれば時々遊びに
いくぐらいはいいかなと思ってます。


絵巻㈰

また、1976年9月に連載をスタートして以来、休むことなく週刊連載を続けてきた秋本先生が、神田明神遷座400周年と『こち亀』40周年を記念して、今回、全17枚のイラストを描きおろし、全長8メートルを越える絵巻を製作。作中にも度々登場し縁ある神田明神に「神宝」として永年奉納しました。

この絵巻の正式名称は、「秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」連載四十周年 江戸総鎮守神田明神 遷座四百周年 記念奉納絵巻」 。両さんが生まれた戦後の浅草から、少年時代にあたる戦後昭和の様子、『こち亀』が連載を開始する1976年を経て、現在に至るまでの様々な時代や場所を、「こち亀」キャラ達が山車を引きながら練り歩いてゆく姿が描かれています。また、東京・下町を中心とした各時代を代表する子供の遊びや流行、歴史的事象も描かれ、文化史としての性格も持つ、8メートルにわたる一大絵巻になっています。

奉納式㈰

9月11日(日)までの約1週間、神田明神の祭祀殿で展示する他、9月14日(水)から9月26日(月)まで、日本橋島屋で開催される「こち亀展」でも出張展示されます。