Twitterユーザーの投稿

写真拡大

9日にTwitterで、進学塾・学習塾の「早稲田アカデミー」が生徒の貴重品を紛失したと、同校に通う生徒の母親らしきユーザーが告発した。

ユーザーの投稿によると、早稲田アカデミーは、志賀高原で開催した夏合宿の朝に、生徒の財布や携帯電話やスマートフォンを回収し、夜に返却する予定だったという。しかし、9日の夜、予備校から「預かった300人分の携帯電話の施錠を忘れて紛失しました」という連絡があったそう。

これに対し、ツイートしている生徒の母親らしきユーザーは、貴重品を管理する「覚悟」の無さや、スマートフォンの紛失が発覚した時点で、すぐに保護者に連絡をしなかった予備校の対応にも怒りを露わにしている。

また、10日夜には、早稲田アカデミーからお詫びの連絡があったという。そこでは、携帯電話、現金(小遣い3000円以内可だったそう)、交通系ICカードのチャージ額、そして、財布などの弁償をすると約束したとのことだ。

しかし、生徒の母親らしきユーザーは「早稲アカの誠意って、そんなもん?」「責任者土下座しろ」と、憤慨し続けている様子だ。














【関連記事】
間違ってiPhoneを捨てた持ち主が「最期の模様」をツイートし反響を呼ぶ
ビートたけし、代ゼミ閉鎖に「予備校は闇」「金持ちの子どもしか大学に行けないのは、おかしいよ」
茂木健一郎氏がTwitterで偏差値教育に怒りをあらわに「くされ外道予備校ども、みんなつぶれろ!」