週休三日だと早起きできそう!?

写真拡大

月曜になると、「あ〜、もっと休みたい!」と思う人たくさんいますよね!? そんな折、全社員が週休三日の会社があると聞きつけた。その会社にどうやって週休三日が行われているか、詳しく聞いてみた。
 週休三日の会社は、大分県国東市になるアキ工作社さん。アキ工作社さんは、「段ボール製組立て式マネキン」はじめ、クラフトやアパレル関連の商品を企画販売する会社です。

―――週休三日って本当に休みが三日あるんでしょうか?
「去年の6月から初めたばかりですが、月〜木が出勤日で、金土日が休み。評判は上々ですよ」

―――そもそも導入したきっかけは、何でしょう?
「うちの会社は大分の国東にある廃校になった小学校を使ってモノづくりをしています。市場としては大都市、東京とか中央が中心なので、東京の市場にあわせて生活してしまっていた。国東という、せっかくいいところにいるのに時間を無駄にしていると感じたんです。田舎はこういう時間が流れているのでそれを生かすことにしました。私たちは国東時間と呼んでいるんですけど週休三日の変形労働時間制を取り入れました」

―――売り上げには影響していませんか?
「創設以来、右肩上がりだったが、一昨年は下がってしまい、何かしなければと思いました。ふつうは、もっと機械を回して会社にいる時間を増やすんでしょうけど。うちは逆張りに出ました。それならばいっそ時間を減らして、社員の時間を増やしてもらおう、と。この制度を取り入れてから、売り上げは今のところ伸びています」

―――導入してみて問題はなかったでしょうか?
「最初の問題は、会社が3日間休みだということが、取引先に浸透するまで半年ぐらいの時間がかかったことですね。導入してしばらくたった今は週休三日に慣れてしまうことが問題。最初のうちは新鮮だが、休みの多さに慣れてくるのでダレてくる時期がある。どうやって時間を使うかを確認しながら新鮮さを保つことが必要になってきますね」

―――休みの時間をみなさんはどう活用しているのでしょう?
クリエイティブなものを作るには、会社に出てくる4日で決められた仕事を時間でこなしていき、三日の休みはクリエイティブな時間として長期的なことを考えていく。オフではなくて両方オンオンで、それぞれ別のことを考えていくことを提唱しています」

週休三日という意味でなく自分たちの働き方を見直すという意味の国東時間を地元でも取り入れた会社が3社ほどあるそう。
ちなみに都会や首都圏には週休三日の会社はないのか?と、思ったらありました。某IT会社は、自分の裁量でタスクを振り分け週休三日にしているそう。図書印刷では、(管理職、製造部以外の社員は)月の労働時間を自分で調節すれば月に1回とか2回とか週休三日にできるように勤務制度を運用しているとか。これからの会社選びのトレンドは週休三日なのかも。ただし仕事に関しても自己責任度が高いのでかなりハードルが高そうですね。
(カシハラ@姐御)