突然の「復活」もある?(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 実業家の恋人との破局が昨年末に伝えられた女優の深田恭子(41)が、長期間「沈黙」を続けており、芸能界ではさすがに心配の声が上がり始めている。

深田恭子が結婚目前まさかの「浮気破局」…元カレ会社の株式が“手切れ金”になりそうな皮肉

 21日現在でSNSは半年以上更新がない状態で、女優としての出演も昨年10月以降なく、今後の大きな仕事予定も公表されていない模様。トップ女優であるにもかかわらず、「事実上の活動休止」にもみえる状態なのだ。

「深田は昨年7月期の連続ドラマ『18/40〜ふたりなら夢も恋も〜』(TBS系)で福原遥とダブル主演をこなした後、作品に出演しておらず、公式サイトでも今後の出演告知がない状態が続いています。インスタグラムも昨年9月末の投稿以降、約7カ月も更新が途絶えている。連ドラ主演級女優としては異例の状況でしょう」(女性誌芸能記者)

 深田をめぐっては昨年12月6日、交際していた不動産関連企業「シーラテクノロジーズ」の杉本宏之会長との破局が、一部スポーツ紙と女性誌で伝えられ、激震が走った。

 2019年1月に交際が発覚した2人は、昨年11月2日の深田の41歳の誕生日に、深田の実家を訪れたと報じられており、「結婚秒読み」とみられていただけに急転直下。さらに衝撃的だったのは、破局の原因が、「18/40」など深田出演作に関わったテレビ制作会社の40代演出家との浮気疑惑だったと伝えられたことだった。

「破局を報じたスポーツ紙などには、この演出家が深田宅を訪れていた疑惑などが具体的に書かれており、事実ならショッキングな話でした。深田は破局報道にコメントしておらず、それ以来、公の場にも出ていないとみられます。精神的に動揺し、ショックを受けていることも推察され、それが沈黙続きの原因とみる向きもあります。予定も更新されず、ファンや仕事関係者らから最近、心配の声を多く聞きます」(芸能ライターの吉崎まもる氏)

 深田は21年5月から約3カ月、適応障害治療のため芸能活動を休業している。演技の場に本格復帰したのは23年2月に配信開始したAmazonオリジナルドラマ「A2Z」で、続く「18/40」でようやく波に乗ってきたところだった。

「深田は、綾瀬はるか&石原さとみとともに所属大手事務所の“3人娘”と呼ばれる看板女優。近く次回出演作の発表が唐突にあるのか、この状態がなし崩し的に続くのか、テレビ界も動向を注視しています」(前出の吉崎氏)

 ただ、「財政面」は安泰だとの見方が強い。

「シーラ社は昨年3月、米ナスダック市場に上場しています。深田も同社株を一定数保有しているとされ、上場で億単位の資産を有したとみられています。それが結果的に杉本氏の“置き土産”みたいになってしまったことは、実に皮肉ですが……」(前出の女性誌芸能記者)

 深キョンの「復活」はいつになるのか。新たな恋の動向とともに注目が集まっている。