不適切にもほどがある!Instagramより

写真拡大

SNSをパトロールしていたら、ある俳優の演技がすごく評判になっている。何と“令和の山口百恵”が降臨したらしいのである。
毎週金曜日よる10時から放送されている『不適切にもほどがある!』(TBS系)では、阿部サダヲ扮する不適切発言連発の主人公が令和にタイムスリップする。その娘役の河合優実が、どうやら山口百恵や中森明菜、松田聖子などの昭和アイドル的らしいのだ。

「イケメンとドラマ」をこよなく愛するコラムニスト・加賀谷健が、「絶対に売れる」と思わず確信した河合優実を読み解く。

◆「この人、絶対に売れる」と確信した
渋谷にて、とある映画作品の特別試写会がだいぶ前にあった。筆者も観客の中にまぎれていたが、終映後、ロビーで歓談する監督をつかまえて、軽い挨拶をして帰ろうとすると、ある人を紹介したいという。

マネージャーらしき人物に伴われたひとりの女性がロビー奥(確か自動販売機の前)で佇んでいる。間違いない。さっき観たばかりの作品の画面上で、オーラと呼んでしまっては通俗的になりかねないほどクリアで、ひときわ鮮やかな存在感を放っていた俳優、その人だ。

光石研やオダギリジョーなど錚々たる名優たちが名を連ねる所属事務所「鈍牛倶楽部」のマネージャーが、一枚の名刺をさっと差し出した。河合優美。作品クレジットと同じ名前を頭の中でもう一度読み上げる。そして静かな微笑とともに筆者を見つめる河合へ視線を滑らす……。「この人、絶対に売れる」と、そう確信した。

◆オファーする機会があったものの…

それからほどなく、筆者もキャスティングで参加した別の映画作品で出演をオファーする機会があった。でも残念、先方のスケジュール都合が合わなかった。なるほど、どんどん出演が舞い込んできたタイミングなのだな。

俳優という仕事は、一度勢いに乗ると、どんどん上へ上へ勢いづくもの。この映画も、あのドラマも、あらこっちでも(!)。という具合に、画面上で河合を見かけることがどっと増えた。

伊藤健太郎の再起作『冬薔薇』(2022年)の妹役なんてかなり快調な演技だったし、NHKスペシャルで放送されたドラマ『神の子はつぶやく』(NHK総合、2023年)では、校舎の片隅でひっそり弁当を食べる姿から、宗教2世のリアルを強烈に漂わせた。怒涛の出演歴を重ねている途中の今、阿部サダヲ主演の新ドラマ『不適切にもほどがある!』で、とうとう最大のはまり役をつかんだ気がする。

◆“時代が追いついた”必然的なはまり役

そもそも河合に対して「絶対に売れる!」と意気込みたくなったのは、どこかレトロな雰囲気がとても魅力的だと感じたからだ。ここ数年のレトロブームにトレンドとして乗っかる若者的な身振りとしてではなく、もっとサブカル的な感性が鋭く、レトロそのものな感じ。

その意味でも本作の小川純子役以上に、必然的なはまり役はなかったのだと思う。第1話冒頭、阿部サダヲ扮する父・小川市郎に対して、「クソジジイ」、「クソチビ」と暴言を吐きまくる。痛快極まりない。

視聴者は圧倒される間もなく、このスケバンの魅力にすでに降伏してしまっている。レトロの申し子・河合優美ならば、1986年という舞台設定も何のその。遠い過去でもへっちゃら。あたしゃ、スケバンを地でいってんだからさ。とでも言いたげな濃いメイク。学生服の長いスカートを翻す河合の気迫に満ちた表情から伝わってくる。この純子役は、河合の才能に時代がやっと追いついたかのような印象さえある。

◆スケバンが似合う俳優は「希少価値が高い」

本作では、令和にまったくそぐわないハラスメント連発おじさんである市郎が、2024年にタイムスリップしてくる。とはいえ、このスケバンのきらめきを紐解くためには、もっと昔の作品に触れなければならないだろう。