小池百合子・東京都知事
小池百合子・東京都知事が2日、東京丸の内・行幸通りで行われた「TOKYO ZEV ACTION」キャンペーンの関連イベントに出席した。

東京都は2030年までに、都内で新車販売される乗用車を100%非ガソリン化する目標を掲げていて、そのイメージとして、CO2を排出しない環境先進都市「ゼロエミッション東京」とうたっている。

目標達成に向けて、一つには、“ゼロエミッション・ビークル”(略称:ZEV)を広く普及させる取り組みみがあり、今年5月から「TOKYO ZEV ACTION」というキャンペーンを打ち出しているところだ。


▼ 小池百合子・東京都知事



小池都知事が、会場で話題にしたのは、来春・2024年3月30日、東京にやってくる電気自動車レース「フォーミュラE世界選手権大会」のこと。フォーミュラEは、エンジン音や排気ガスがない電気自動車の市街地レースとして、世界の主要都市で開催されてきて、東京での初開催も6月20日、正式に決まっていた。

「フォーミュラEという電気自動車レースが日本でも初めてやってきて、東京の市街地で実施します」と宣言。「場所は臨海エリアです。東京ビッグサイトがそこにありますけれど、その近所をぐるぐると周ります。その準備を東京都もしておりまして、このレースを通じまして“ゼロエミッション・ビークル”の普及に弾みをつけていきたいのと、同時に、東京の魅力をもっと高めていきたいと思っております。どうぞ、楽しみにしてください」と狙いを語っていた。

今日の催しは、脱炭素社会への機運醸成を目指すキャンペーン「TOKYO ZEV ACTION」の第一弾イベントとして開催されたもの。小池都知事が出席したトークセッションにおいては、レーシングドライバーの脇阪寿一と女優の安田美沙子も同席していた。


▼ (左から)安田美沙子、小池百合子・東京都知事、脇阪寿一


▼ 安田美沙子



■関連リンク
「TOKYO ZEV ACTION」…公式WEBサイト