友道調教師 (C)Hiroki Homma

写真拡大

 第101回凱旋門賞(10月2日・パリロンシャン競馬場・G1・芝2400m)に挑戦する今年の日本ダービー馬、ドウデュース(牡3・栗東・友道康夫)は27日、エーグル調教場のポリトラックコースをキャンターで駆け抜けた。

【ニエル賞】武豊「追い切りを兼ねたスクーリング」ドウデュースは4着に敗れる明日最終追い切りは軽めの調整を予定

 調教後、友道康夫調教師は「1回使った効果もあって体も引き締まった。キャンターもリズムよく走っていた。右手前が好きな馬なので、今日は手前を変えるように意識して、ちゃんと左手前に替えていた」と調整の様子を話した。

 4着に敗れた前哨戦ニエル賞については「ロンシャンの馬場を経験出来たのと、久々に右回りを走ったので、本番に向けては良い経験が出来たと思う」と振り返った。明日の最終追い切りは、エーグル調教場の周回坂路で軽めの調整を行う予定だ。