7月2日にヤクルトが、プロ野球史上最速で優勝マジック「53」を点灯させた。その大独走の原動力となっているのが、高卒5年目の村上宗隆である。7月4日現在(以下同)、打率.307(リーグ6位)、本塁打29本(リーグ1位)、打点78(リーグ1位)と、「三冠王」の可能性も十分にある。2004年の松中信彦(当時ダイエー)以来、史上8人目・通算12度目の「三冠王」への期待は高まるばかりだ。村上の快挙達成に必要なことは何なのか? かつてヤクルトの主砲として2度の打点王(91年、93年)に輝いた広澤克実氏に聞いた。


本塁打、打点でセ・リーグトップを走るヤクルトの村上宗隆

好打者の4条件

 いい打者というのは、ボールを長く見られて、「ストレートか変化球か」「ストライクかボールか」の判断するエリアが捕手寄りにあります。いわゆる「呼び込んで打つ」ことのできるバッターが好打者というわけですが、それには4つの条件があります。

体が前に出ない(ステップしたあと、体が前に突っ込めば18.44mの距離が短くなってしまう)
バットをコンパクトに出せる
ヘッドスピードが速い
ステップ幅が狭い

 この4つが好打者の条件なのですが、村上はこのすべてを兼ね備えています。だから、ホームランだけでなく、打率も残せるのです。

 私は1985年にヤクルトに入団したあと、95年から99年まで巨人、2000年から03年まで阪神でプレーしました。現役時代、落合博満さんとランディ・バースというふたりの「三冠王」のバッティングを間近で見てきました。

 落合さんはロッテ時代の1982年、85年、86年、バースは85年、86年に三冠王に輝いています。じつは落合さんは、中日時代の91年も三冠王のチャンスがありました。その年、落合さんは本塁打王のタイトル(2位/池山隆寛)を獲得するのですが、打点王は私(2位/落合)、首位打者は古田敦也(2位/落合)と、結果的にヤクルト勢が落合さんの三冠王にプレッシャーをかけたわけです。

 落合さんとはのちに95年から2年間、巨人で一緒にプレーしたのですが、バッティングスタイルは村上と少し違います。右打者の落合さんはインコースのやや甘い球や真ん中のボールを逆方向(ライト方向)に打った打者です。逆に左打者の村上は、インコースのボールは引っ張り、真ん中はセンター、アウトコースはレフトに流す。

 どちらかと言えば、コースに逆らわず打つことができる村上はバースに似たタイプの打者です。昨年まで3年連続レフト方向に2ケタ本塁打を放っていますが、その数字がそれを証明しています。

典型的なホームラン打者

 また三冠王を獲るには自身の成績だけでなく、ライバルの動向も気になります。松中信彦が三冠王を獲得した2004年は、アテネ五輪が開催された年で、大会期間中もプロ野球の公式戦は通常どおり行なわれました。松中は五輪には出ませんでしたが、小笠原道大(日本ハム)、中村紀洋(近鉄)、谷佳知(オリックス)、和田一浩(西武)らのライバルが日本代表として参加しました。なので、数字を積み重ねる本塁打や打点において、若干有利だったかもしれません。

 村上のライバルとしては、岡本和真(巨人)、佐藤輝明、大山悠輔(ともに阪神)、牧秀悟、佐野恵太(ともにDeNA)、坂倉将吾(広島)、大島洋平(中日)らの名前が挙がります。本塁打、打点において、ライバルとなるのは岡本でしょう。彼もホームランを打つことに関しては、リーグ屈指の技術を持っています。今は村上が独走状態ですが、岡本がいつ量産しても不思議ではありません。

 ただ村上にとって、三冠王の最大の壁となるのは首位打者だと思います。落合さんやバースは首位打者争いでも傑出した力を発揮するバッターだったのに対し、村上は典型的なホームラン打者です。ヒットを打ったり、打率を上げたりすることに関しては、ふたりの域に達していません。

 とはいえ、年を重ねるごとにヒットを打つ技術は上がっています。2年目よりも3年目、3年目よりも4年目と、それぞれ驚くような成長を見せました。今シーズンもここまで打率.307をマークしているように、さらなる飛躍を遂げています。

首位打者獲得に必要なこと

 昨年の村上は、500打数139安打で打率.278でした。今年も同じく500打数で打率.333をマークするには167安打が必要になります。おそらく本塁打は50本近く打つでしょうが、ホームランを打てない球にどうアジャストしていくか。500打数から167安打を引いた333の凡打を、どうやってヒットゾーンにしていくかが課題です。

 具体的に言うと、「外角低めの球」「狙い球を絞れない時」のバッティング。落合さんならライト前に、バースならレフト前に軽打して、ヒットを稼ぎました。

 先述したように、村上はホームラン打者であって、その副産物が打点です。ヒットを増やすことにこだわりすぎると、本塁打を打てる球までヒットに終わってしまうかもしれない。それが続くと、「ホームランを打たなきゃ」という気持ちが働き、スイングが崩れる可能性がある。そこは気をつけないといけないでしょうね。

 基本、投手は打たれまいとして低めにボールを集めるわけですが、好打者は低め打ちが上手い。そうなると、相手投手にとってはインハイを使わざるを得なくなる。その攻めに、村上がどのように対応するのか注目です。

 村上に関しては、チームが独走しようが気の緩みはないでしょう。怖いのは死球とケガだけです。