先日発表された2020年の乗用車販売台数ランキング(一般社団法人日本自動車販売協会連合会)には、異常な事態が起きていた。

【写真】この記事の写真を見る(11枚)

 ヤリスやフィットなどのコンパクトな車種が上位を占めるなか、高級ミニバン「アルファード」が90,748台もの売上を記録し(前年から22,043台増)、5位にランクインしていたのである。


驚異的な売上を記録したアルファード ©iStock.com

 500万円台をボリュームゾーンとする高級車が、これほど売上を伸ばすことはとても珍しい。「世間の人たちはそんなに金を持っていたのか」と驚くとともに、「こんなに威圧感のあるデザインの車が売れているのか」と、人々の嗜好の変化に対してどこか引っかかる思いを感じるようでもある。

 巨大なメッキグリルや吊り上がったライトなど、アルファードのデザインはいわゆる「オラオラ顔」の代表格である。周囲からの視線に敏感な日本人の間で、なぜこれだけ主張の強いデザインが広く受容されたのか。この1年で、日本に「オラつきたい人」が急増したとでもいうのだろうか。

アルファード好調の陰で売上を落とし続ける兄弟車

 結論から言えば、アルファードの売上増加は、「オラつきたい人」が増えていることを示すものではない。アルファード好調の陰で、「オラオラ顔の代名詞」として知られる兄弟車のヴェルファイアの売上は半減しているからだ。

 両者はデザイン面が異なるだけで、性能や装備、グレード・価格設定などは同一の車種である。アルファードとヴェルファイアの販売台数を合算すると2019年は105,354台、2020年は108,752台と、大きな変化がないことがわかる。

 つまり、「オラついた高級ミニバン」のマーケット規模そのものは変わらないなか、アルファード・ヴェルファイアの比率に変化が生じたわけである。

 それではなぜ、アルファードは売上を伸ばし、ヴェルファイアは売れなくなってしまったのか。

デザイン変更による売上逆転

 ヴェルファイアは2008年のデビュー以来、安定してアルファードを上回る台数を売り上げてきた。法人による採用も想定したアルファードに比べ、ヴェルファイアはより押し出しの強いデザインが特徴。それがラージサイズミニバン市場に潜在していた「オラつき願望」ともいうべきニーズを捉えていたことが、売上につながったのだと推測される。

 そんな両者の売上が逆転したのは2018年。

 果たしてこの年に何が起こったのか……答えは明白だ。2017年12月に発表されたマイナーチェンジにおいて、デザインに変更が入ったのである。実際に、両者がどのような変化を遂げたのか見てみよう。

 まずはアルファードの、マイナーチェンジ前後の写真だ。

 大きく異なるのはヘッドライトの形状と、フロントグリルを縦に仕切るメッキである。後期型ではヘッドライトとグリル部分がシームレスにつながれ、引き締まった印象を与えている。デザインの優劣は個々の主観によるが、ともかくメッキ部分が増えたことでオラつき具合が高まったことは間違いない。

 これを見た限りでは、「やはり威圧的な面構えの方が売れる」という結論にたどり着きそうである。

 次に、売上を落としたヴェルファイアの方も見てみよう。

 もはや鉄仮面である。マイナーチェンジ前もメッキ加飾が目立っていたが、変更後はサイドのエアダクト(人の顔で言えば頬の部分)のメッキが拡大し、フロントが全面的にメッキで埋め尽くされた印象だ。人を威圧しようとする意思が、そのまま具現化したかのようである。

 オラオラ度が売上と比例するのであれば、ヴェルファイアは前代未聞の売上台数を叩き出しているはずなのだが……。

 いずれも「オラつき願望」にアプローチしたデザインへ変更したものの、このデザイン変更を機に、ヴェルファイアの売上はアルファードに逆転されることとなった。

 なぜだろうか?

アルヴェル乗りは「ヤンキー」ではない

 突然だが、これまでアルファード・ヴェルファイアには「ヤンキー御用達」のイメージがついて回ってきた。Google検索で「アルヴェル」と打ち込むと、「ヤンキー」「DQN」「下品」といった言葉がサジェストされる。カーメディアなどでも、アルヴェルとヤンキーの親和性についてはしばしば言及されてきた。

 アルヴェル購入層が真にヤンキー的な嗜好を持っているのであれば、オラついたデザインであればあるほど歓迎されそうなものである。ところが現実には、ヴェルファイアのデザインは「過剰なオラつき」によって敬遠され、アルファードの「適度なオラつき」が好評を博す結果となっている。

 あくまで既存の価値観の枠内に留まりながら、社会的ステータスの高さを誇示できる程度のラインが、節度をもってオラつくうえでは重要なのだろう。

ヤンキーとは対極の「合理的経済人」

 つまり「アルヴェルのようなオラついた車に乗っている人は、車で見栄を張りたいヤンキー層である」といった認識は、実情を正確に捉えていない。むしろアルヴェルの購入層は、社会的に認められる価値に対して鋭敏な感覚を持った「合理的経済人」としての側面が強い。

 一般的に、車の価値は3年ほどで半減すると言われる。

 対してアルファードの買い取り相場は、3年落ちで7割、「S“C パッケージ”」などの人気グレードであれば8割に達することも珍しくない。1年あたり30万円程度の負担で、初回車検を迎える3年ごとに最新の人気車種に乗り換えるユーザーも見られる。買い換え費用だけで比べれば、クラスが下の車種よりも得になるケースもしばしばだ。

投資家としてのアルヴェル乗り

 買い取り市場における圧倒的な残価率ゆえに、資産運用という観点も兼ねてアルヴェルを所有するユーザーも多い。アルヴェル関連の掲示板における主要な話題は「買い取り相場」や「売るときに査定が上がるオプション・グレード」であり、実際の車の性能や機能についてはほとんど話題に上らない。相場の変化に一喜一憂し、適切な売却タイミングを見計らう様を見ていると、まるで株式銘柄のスレッドに迷い込んだかのような錯覚を抱いてしまう。

 資産運用的な側面を考慮した場合、「アルファード・ヴェルファイアどちらを選ぶか」という問題は、「株式投資でどの銘柄を選ぶか」という問題と酷似する。「どちらが自分にとって魅力的か」ではなく「どちらがより多くの人にとって魅力的に映るか」ということが重要なのだ。

 そういう意味でも、ヴェルファイアのメッキにまみれたフロントフェイスは、やはり過剰なものとして映るだろう。一度売上が逆転してからは、アルファードとの差は年々広がっていった。「やはりアルファードの方が一般的に魅力的に映るのだ」ということが確証されたことで、「アルファード株」が高騰したという構図だ。

高騰が高騰を呼ぶ状況に

 2020年5月からの販売チャンネルの統合も、差を広げる大きな要因となった。それまでアルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店での扱いだったのが、全店舗で全車種を購入できるようになった。「ずっとネッツでお世話になってるから、ヴェルファイアにする」というパターンがなくなったわけである。

 ヴェルファイアのデザインに強いこだわりがない限り、ディーラーはアルファードを勧める傾向にある。アルファードの方が現状、買い取り価格の面で有利だからだ。相場は日々変動しているが、この1月にディーラースタッフから聞いた話では同等グレードで10〜30万円開きがあるというから、よほどのことがない限りアルファードを選んでしまうだろう。

「オラつきの節度」が売上を左右する?

 アルファードとヴェルファイアの事例からもわかるように、いくらオラオラ顔のニーズが高まっているからといって、威圧感や攻撃性を高めたデザインにすれば売れるというわけではない。

 最後に、周囲を仰天させるほどのオラオラ化を果たした車種を見ていこう。

■三菱 デリカD:5

 三菱のデリカといえば、高い四駆性能と、スライドドアの利便性を兼ね備えた「オフロード系ミニバン」である。同カテゴリーに競合する車種がないために、アウトドア志向のユーザーからの指名買いが多く、ターゲット層に合わせて力強いSUV風のデザインで長年支持を集めてきた。異変が起きたのは2019年のビッグマイナーチェンジである。アウトドア系のユーザーに加え、アーバン志向のユーザーもターゲットに取り入れるべく「オラオラ顔」への変身を遂げた。

 あまりの「キャラ変」に、当然賛否両論が巻き起こる。メッキグリルが電動シェーバーの外刃に酷似していることから、「四枚刃」などと揶揄されることもあった。

 売上においては、モデルチェンジ直後の2019年には前年から1.5倍程度伸ばしたものの、2020年には新型コロナウィルスの影響もあってか、モデルチェンジ直前と同等の水準に落ち着いており、顧客層の拡大に成功したとは言いがたい状況だ。

 走破性や利便性といった強みはやはり唯一無二のものなので、昨今のキャンプブームや寒波のなかでその価値が再発見されることに期待したい。

■BMW 4シリーズ 

 日本では「ブタ鼻」などとも呼ばれ、BMWのアイコンとして知られる「キドニーグリル」。このところ、新車種が発表されるたびグリル部分が肥大化しており、SNSやカーメディアで叩かれたり、批判に対してBMW側が広告で反論したりと、ともかく話題を呼んでいる。

 4シリーズではとうとう、グリルが肥大化するあまりナンバープレートを飛び越えてしまった。2021年に発売予定のピュアEVモデル、iXにおいても同様の現象が見られる。

 ここまでくると、もはや「オラつき」という概念では捉えきれない、何か新しいマウンティング様式の到来を予感せざるをえない。

(鹿間 羊市)