ロッテ井口資仁監督

写真拡大

 優勝争いの真っ最中に、13人のクラスター感染を起こしたロッテの説明に、虚偽の内容があったことが「週刊新潮」の報道で明らかになった。事実を隠蔽し、逃げ切りを図ろうとする球団に対し、ファンの不信感は募るばかりだ。だが、真相が見えてこない背景には、球団の“スポークスマン”と化したスポーツ紙を中心とする記者クラブの馴れ合い体質がある。その“茶番”会見の一部始終を明らかにする。

 ***

 15日発売の「週刊新潮」で、ロッテの“ウソ”は、はっきり暴かれた。当初、9月末から10月1日までの札幌遠征中に「外出した選手はいなかった」と球団は説明していたが、「週刊新潮」は札幌の繁華街を取材。28日に岩下大輝投手を含む4人の選手が札幌の円山地区の居酒屋店を訪れ、5時間あまり滞在していたという、店主の証言を掲載した。

ロッテ井口資仁監督

「その日は岩下のほか、小島(和哉)、中村(稔弥)、東妻(勇輔)の4人で来店。岩下が常連なんですよ。札幌入りしてすぐうちの店に来てくれました。時間は18時半から23時半くらいかな。酒を飲み、飯を食べ、カラオケも歌い、ひとりハイボール10杯は飲んでいたね」

 10月6日、松本尚樹・球団本部長は、会見ではっきりこう話していた。

――阪神での感染は会食が原因だった。ロッテの会食ルールは?

「ビジターでは外出禁止の時もありますし、時には4人以内、部外者とはダメとか。会食OKの時はルールを徹底していました。それを破ったことはありません」

――9月末から10月1日の札幌遠征での会食ルールは?

「4人以内、部外者はダメ、だったんですけれど、誰1人(外食に)行っていないです」

 球団はウソをつき、スポーツ紙各紙は読者に誤った情報を伝えていたのである。

早大・早川の1位指名公表から始まった会見

「週刊新潮」の報道を受けて、球団はどう説明したか。

「一応ね、簡単に言うと……、ドライチ、早川でいきます」

 15日午後、囲み会見は松本尚樹本部長が、来たる26日に開かれるドラフト会議で、早大の早川隆久投手を1位指名すると公表したところから始まった。

「順調に成長しているし、いまも実績は十分あるし、1年目からそこそこ、2ケタ勝てるピッチャーかな、という評価ですね」

 意気揚々と語り続ける松本本部長。その後、全体の指名人数や育成選手の獲得方針についての質疑が続いた。

 会見が始まって3分が経過。ここで初めてクラスター感染に関する質問が記者から出た。

――きょう、岩下投手含めて練習合流となって、ほかの濃厚接触の選手も含めてどうですか?

「まあ、どうかなぁ。ちょっと時間あったんでね。すぐ戻れる選手もいれば。できるだけ極力、戻ってきて欲しいなぁと。まあ、あんまり残り試合もないんで。そこは頑張っていきたい」

――週明けとかそのくらいに?

「うーん、まあそこは現場とね、微妙なところですね。はい」

突然、ゴニョゴニョしどろもどろになった松本本部長

 そして、ようやく「札幌遠征外出問題」の話に入ったのである。

――きょう、週刊誌の報道が出ました。前回の会見では「外出はなかった」と説明していましたが……。

「ちょっと、それも、なんというか、伝わり方がいろいろあってね」

 これまで饒舌に語り続けてきた松本本部長の口調が明らかに変わった。急にゴニョゴニョと歯切れ悪い。

「あの部分のところ、もう一回(録音を)聞いていただければわかると思うんですけど、なんかちょっと、一個一個に質問してたんで、そこは誤解も多少あったところもあるんで、まあ、最終的に最後の、〇〇さん(スポーツ紙記者)かな、あの、その質問の、まぁまぁ、4人以外に。要するにルールを、まあ、そこに破った選手はいないという……」

 完全にしどろもどろだ。

「最終的にはそこだったんだけど、俺の言い方も悪かったんで、一個一個の質問に答えたところもあったんで。最終的にはそこ(注:ルールを破った選手はいない)で理解してもらいたい」

 やばいと思ったのか、広報室長が加勢し、

「僕もちょっと(質問の意図を)理解していないと思ったんで、確認すべきだったんですけど、そのまま会見終わらしちゃったんで、それは僕の責任もすごくあるんで……」

 それを受け、松本本部長も、

「申し訳ない。一個一個の質問で、誰一人とかいう答え方をしていたので、ちょっと申し訳ないです。まあ、ひとつだけ言えることは、ルールを破った選手はいなかったということ。ルールを。4人のところ、ですね」

――今回のことも球団としては禁止している中での人数での……。

「まあまあ、そう理解していただければ、だいたいが。申し訳ない。言い方がちょっとね」(松本本部長)

「質問がぱっぱ来るんで。文章出したら全然違うんですけど。それは反省します」( 広報室長)

 二人してゴニョゴニョ言い訳を続けるのである。

「ありがとうございました!」突如、終わった会見

 ともあれ、終わったことである。

「ルールを破った選手がいない」という球団の言い分はよくわかった。では、岩下ら4人の選手以外に、感染者も含めて選手の外出はなかったのか。また今回、ショートが3人、外野手が4人と、ポジション被りで感染してしまった原因は何なのか。その責任についてどう考えているのか。改めて記者が質問し、球団がファンに対して誠実に説明を尽くせばよいだけのことである。

 だが……。

「じゃあ」

――わかりました。ありがとうございました!

 この問題に触れてから、わずか2分。会見は終わってしまうのである。

 ウソをつき、ごまかそうとした球団が悪いのは言うまでもない。だが、そのウソを見抜こうとせず、彼らの言い分を垂れ流し続けるスポーツ紙の報道姿勢はいかがなものか。

 それは日々、テレビ番組やTwitterを“パトロール”し、著名人の発言を見つけるやいなや“ニュース”として報じ続ける、彼らの姿勢に通じやしないか。

週刊新潮WEB取材班

2020年10月16日 掲載