「一見するとシンプルで製造も簡単に見えるランドセルだが、実はランドセルには日本の匠の技が詰まっている」と中国メディアが紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 高品質で世界的にも高い評価を受ける「日本製」。中でも、機能的で丈夫で軽い「ランドセル」が世界で人気だ。「一見するとシンプルで製造も簡単に見えるランドセルだが、実はランドセルには日本の匠の技が詰まっている」と中国メディア百度が紹介している。そのうえで「品質の高さ、軽さ、親しみやすいデザインなど、すべてにおいて称賛に値する」と述べている。さらに「日本の工場はなぜこれほど品質の高い製品を生み出せるのか」と問いかけ、その「秘密」に迫っている。

 まず、中国メディアは、日本のランドセルメーカーの工場の内部や製造工程を詳細に紹介している。そのうえで「実のところこのランドセルメーカー自体は従業員200人未満で大きな工場でもなく、設備も最新というわけではなかった。しかし高品質の製品を生み出している。その秘密とは”顧客第一”に他ならない。単なるお金儲けではない、顧客のニーズと満足を最優先に考えた”モノづくり”の精神こそが、日本品質の秘密だ」と述べている。

 一方、中国の製造業はどうか。このメディアの筆者は「これまで日本企業の依頼で多くの中国企業の工場を見学してきた。設備は全体的に新しいところが多かったが、製造工程は雑で、管理も大雑把なところが多かった。一方、日本の工場の設備は比較的古いが、管理や製造工程はち密で非常に対照的」と分析している。

 結論として「日本の製造業では一見すると重要でない事柄にも細やかに気配りをしている。それこそが、唯一無二の製品を生み出す秘訣だ」とまとめている。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)