元ハル・シティMF、ゲイを告白

写真拡大

スポーツ選手がゲイを告白することは非常に難しいものだと言われている。

イングランドのプロサッカー選手経験者で名前を明かしているのはわずかしかおらず、ジャスティン・ファシャヌ、トーマス・ヒツルスペルガー、ロビー・ロジャーズの3名のみだった。

しかし『The SUN』によれば、今回かつてハル・シティに所属していたMFトーマス・ビーティーがゲイであることを告白したよう。

トーマス・ビーティーは1986年生まれの33歳で、ハル・シティを19歳で退団した後はカナダに渡ってプレー。2012年にはシンガポールへと移籍し、ホーガン・ユナイテッド時代にはこんなとんでもないミドルシュートも決めた。

ただ2015年の試合中に顔面を激しく骨折する大怪我を負い、その影響で現役を離れざるを得なくなっている。

現在はアジアを拠点にいくつかの企業を経営する敏腕ビジネスマンとなっており、モバイルアプリやフィットネス、アパレルなどを展開。

『Advocate』によれば、サッカーから離れて5年が経った先日、彼は自分がゲイであることを隠していた…と話したとのこと。

トーマス・ビーティー

「プレーしている間は、カミングアウトすることは考えもしなかった。

自分をさらけ出すか、あるいは物心付く前から愛していたスポーツを捨てるか。文字通りどちらかを犠牲にしなければならないと感じていた。

逃避のためにサッカーを使っていたよ。様々な部分で私を守ってくれた。人生のあるポイントに到達するまでね。

三ヶ月前に親しい友人や家族に告白した。そして、私はこれを率直に話す旅に出ることにしたんだ。アスリートとしては話せないことだったが、同じような状況にある人々のサポートになるよう、自分の物語を共有したい」

【関連記事】「ゲイのサッカー選手は告白すべきか?」 クロースの“率直な答え”は

同じようにゲイを隠している選手たちを支援するため、今回カミングアウトすることにした…という意図だそうだ。