<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

ANAによる賞金総額1,000万ドルのアバターロボット開発コンテスト「ANA Avatar XPRIZE」に挑戦するため、特殊土木施工を専門とする株式会社富士建は、屋外ロボット技術に特化した技術支援団体 FRJ(Field Robotics Japan)と共同チーム「FRJ-DOKAROBO」を立ち上げた。
富士建とFRJは、同大会のメインテーマであるアバターロボットを広義の意味で世界のバリアフリー化を推進していく技術だと捉え、大会を盛り上げることでこれまで見えてこなかった社会ニーズが明確化し、ロボット技術の普及促進に貢献できるとの考えより、同コンテストへの参加を決断。携帯電話回線(4G/LTE)経由で遠隔操作可能なアバタープラットフォーム「FRJ Remote System Ver 0.10」を共同開発し、2019年末に審査が行われたQualifying Submissionを通過した。

【動画】FRJ Remote System Ver 0.10 動作テスト_Remote control Test Platform using mobile 4G LTE networks:

【動画】FRJ Remote System Ver 0.10 動作テスト (オペレーター視点) _Remote control Test Platform using mobile 4G LTE networks (Operator view):

なお、同チームは、2021年に行われるSemifinals Testingへの出場を目指し、「FRJ Remote System 」の開発メンバーおよび法人スポンサーを広く募集しているとのことだ。

●株式会社富士建
建設事業の中でも特殊土木を専門として設計・施工・開発を追求。被災地の復旧や高齢化が進む建設業界のオートメーション化を目指し、建機操縦用の人型ロボット「DOKA ROBO」シリーズの開発を進めている。

DOKA ROBO(アスラテック株式会社事例紹介ページ):
https://www.asratec.co.jp/portfolio_page/dokarobo/

●Field Robotics Japan
フィールドロボティクスに関心のある若手技術者・学生を中心としたコミュニティ。屋外で活躍するロボティクス技術の普及促進を目指し、隔月開催のオフラインイベントや、屋外で開催されるロボットコンテスト(自動運転AIチャレンジ、海洋ロボコン、つくばチャレンジ)に参加する若手技術者・学生の支援を行っている。

(ロボスタ編集部)