注文を受けると、店員が袋から容器に移し、レンジで温めて提供される=2020年1月14日午前、東京都豊島区

写真拡大

 コンビニの店頭にある鍋に入った熱々のおでん

 寒い時期の集客の柱だが、人手不足に悩む店にとっては管理に手間がかかるうえ、廃棄も多く、重い負担になってきた。そんな状況を打開するため、コンビニ大手のファミリーマートが新手のおでんを売り出した。

 ファミマが14日発売したのはおでんの具があらかじめ袋詰めされたタイプで、注文を受けた店員が容器に入れてレンジで温めて提供する。大根、ちくわなどが入った「4個入り」(税込み268円)と、昆布、竹の子が加わる「6個入り」(同358円)の2種類。1個ずつの販売はしない。人気の卵や白滝はレンジで温めると破裂や変形の恐れがあるため、提供しない。