埼玉を含めた関東や関西の7都府県で窃盗を繰り返したとして、県警は4日、窃盗と住居侵入の疑いで住居不定の無職、西塚俊也被告(32)と横浜市瀬谷区瀬谷の無職、大森和義被告(31)=いずれも窃盗、住居侵入罪で公判中=をさいたま地検川越支部に追送検した。

 両被告とも容疑を認めている。

 県警によると、西塚被告が「以前、盗んだ指輪が被害者の結婚指輪で反省した」として「貴金属は盗まない」「ガラスは割らずに靴を脱ぐ」「被害者を傷つけない」とする3カ条の独自ルールを決めて民家などで窃盗を繰り返し、「1千件」の犯行を目標にしていたという。侵入した民家の住人に遭遇した際には必死に逃げたとも話しており、ガラスの破損や貴金属の被害は確認されていないという。

 追送検容疑は平成27年2月〜今年5月、東京、神奈川、大阪など1都2府4県で住宅など約370カ所に侵入し、計約1360万円相当の現金や物品を盗んだとしている。両被告は共謀して盗んだ現金を折半、遊興費などに使っていた。