エンゼルス・大谷

写真拡大

 「エンゼルス7−10パイレーツ」(13日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)は「3番・指名打者」で出場し、5打数2安打2打点、1盗塁。2試合ぶり、今季27度目のマルチ安打で打率を・291とした。九回に今季10盗塁目となる二盗に成功し、2年連続2桁盗塁をマーク。しかし、チームは4点リードを逆転されて2連敗を喫した。

 大谷はすでに15本塁打を記録しており、球団広報によると、メジャーデビューから2年連続15発&10盗塁を達成したのはチームで初めて。日本選手でシーズン15本塁打&10盗塁を2度記録したのは、ホワイトソックスの井口(05、06年)以来、2人目だという。