ラーメン二郎新代田店が一切「撮影禁止」に!飲食店での撮影が物議に

写真拡大

飲食店での「撮影」が物議を醸している。

飲食店での「撮影」が広がる

SNSなどの普及に伴い、飲食店で料理や店内の写真を撮ってネット上に投稿するという光景が当たり前のように見られるようになった。

SNS映えするメニューを求めて人々が行列を作ったり、中には写真映えするようなメニューを開発する店も。

しかし一方で、写真撮影禁止に踏み切る店も出てきている。

ラーメン二郎新代田店が「撮影一切禁止」に

人気ラーメン店「ラーメン次郎 環七新代田店」が今月15日から、店内での写真・動画の撮影を一切禁止にした。

同店のSNSプロフィールには「撮影は一切合切禁止です!撮影するよりラーメンが食べたいお客さんだけが来てくれれば、それでいいです。」と書かれている。

ネット上には賛否両論の声

人気ラーメン店で撮影が一切禁止になったことはネット上で注目を集めており、反響が続々と寄せられている。

「もともと飲食店って撮影禁止でしたよね」「ミーハー客の排除目的だと、そうせざるを得ないのかなぁ」「当たり前です」など、撮影禁止は妥当という声や。

「美味しそうなラーメンを写すことが楽しみだったのに」「記念に形として残せないのが残念」「嫌な風潮」と嘆く声や、客足への影響を懸念する声。

中には、撮影禁止を受けて代わりに「絵」をSNS上に投稿する人も。

さまざまな反響が寄せられ、物議を醸している。