千原ジュニア

写真拡大

12日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で千原ジュニアが、サウナで出川哲朗の出演番組に見入ってしまったことで、脱水症状になった経験を明かした。

番組では「銭湯大好き芸人」をテーマに、芸人たちが銭湯に対するこだわりをトークしていた。その中でジュニアは、「かけ湯→“サウナ12分・水風呂”を3セット→露天風呂→室内風呂」とお気に入りの入浴コースを熱く語るなど、銭湯愛を強くアピールしていた。

トークが、サウナの楽しみである「テレビ」に移ると、ジュニアが体験を話し始めた。ある日、ジュニアが中目黒にある「光明泉」という銭湯でサウナに入っていた際に、サウナのテレビでは「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)内のコーナー「出川哲朗はじめてのおつかいinアメリカ・ニューヨーク」が放映されていたそうだ。それを見たジュニアは、面白すぎて独自ルールの12分を大幅にオーバー。結局30分もサウナでテレビに見入っていたとか。

そしてジュニアはようやくサウナを出ると、脱水症状になり、銭湯の個室トイレで40分間動けなくなったというのだ。体験を明かしたジュニアは「出川哲朗に殺されかけた! 危ないですよ、アレ」と訴え、スタジオは爆笑となっていた。

【関連記事】
岡村隆史が出川哲朗の大失態を暴露か「ニッポン放送に暴言を吐いた」
出川哲朗が海で溺れかけてパニック状態に…デヴィ夫人は大爆笑
出川哲朗が「イッテQ」のロンドンロケで現地女性に激怒される