「秋の夜長はぐっすり眠りたい!睡眠不足が肥満や糖尿病につながることは有名ですが、実は中年以降は、寝すぎにも注意が必要です。イギリスのウォーリック大学の研究によると、長い睡眠は脳を老化させるが明らかになりました」

そう話すのは順天堂大学教授の小林弘幸先生。研究では、50〜89歳の約9千人の男女を対象に睡眠と脳認知能力の関係を分析。すると、50〜64歳では、睡眠時間が6時間以下の人だけでなく、8時間以上の寝すぎの人でも、記憶力と意思決定能力が下がることが判明したという。

「さらに、65歳以上で認知機能の低下がみられたのは寝すぎの人のみ。マドリードの大学病院とコロンビア大学が行った調査でも、60代、70代で9時間以上眠っている人は、6〜8時間睡眠の人に比べ認知能力が倍近く低下していると発表されました」

影響があるのは、脳だけではない。

「マサチューセッツ大学の発表によると、糖尿病患者がもっとも少なかったのは7時間睡眠の人たちでしたが、5時間以下の睡眠になると糖尿病発症率は2.6倍に。さらに、8時間以上の睡眠だと3.6倍に跳ね上がっています」

こうした研究は世界中で行われ、中年以降の長すぎる睡眠は、心疾患やうつ症状の発症頻度も増加させると考えられている。長時間睡眠が悪影響を及ぼす明確な理由はわかっていないが、「ひとつには『睡眠の質』が関係していそうです」と小林先生は語る。

「睡眠には、浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠がありますが、いわゆるロングスリーパーとショートスリーパーでは、ノンレム睡眠の長さに大差がないといわれています。ロングスリーパーは、総じて睡眠の効率がよくない傾向があり、そのため、一見、たっぷり眠っているようでも、実は細胞の修復やホルモンの分泌が十分ではないのです。結果、睡眠不足の人と同じように健康に悪影響が出てしまっていると推定されます」

厚労省が今年、11年ぶりに改定した「睡眠指針」でも、9時間以上寝床にいる人は、9時間未満の人よりも、中途覚醒を起こす割合が高いとしている。さらに血流が悪化している可能性も。長時間、体を動かさないでいると筋肉が緩み血管が拡張するが、それが過剰になると血流も悪くなるため、酸素や栄養素の供給が滞ってしまうのだ。

「休日、つい寝すぎてしまい頭痛がするのは、脳の血管が拡張しすぎて、血管の周りにある三叉神経を刺激してしまうことが原因。同様に、寝すぎで体がだるくなるのは、血流が滞っているからです。先の指針でも『健康な人の睡眠時間は加齢とともに自然と減る』としたうえで適度な睡眠時間を25歳では約7時間、45歳で6.5時間、高齢者で6時間としていますので、参考にしてみてください」