「スーパーマラドーナ」武智(左)と「とろサーモン」久保田

写真拡大

「M-1グランプリ2018」で審査員を務めた上沼恵美子(63)に暴言を吐いた問題で、お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が、今週中に直接謝罪に出向く意向を示したという。

 この問題は2日のM-1決勝終了後、打ち上げの場で暴言を吐いた動画を武智がインスタライブで配信して騒動に発展。2人は4日朝になってツイッターで謝罪したが、その後は何も発言していない。

 関西在住のお笑い関係者は「所属する吉本興業の意向もあるのでしょうが、SNSなどで発言するより『まずは上沼さんに直接謝罪することが先決』との思いがあるようだ」と指摘する。

 そこで2人は上沼が司会を務める番組の収録に出向き、謝罪する意向だという。「読売テレビの『気になる情報のウラのウラ 上沼・高田のクギズケ!』の収録が今週末にあるので、そこに行って謝罪する意向のようです。すでに上沼さんサイドにも伝えているようだが、問題は上沼さんが受け入れるかどうかでしょう」(同)

 本紙でも既報したが、久保田に「もうそろそろ辞めてください」、武智には「更年期障害かって思いますよね」などと暴言を吐かれた上沼は、2人に怒り心頭だという。

 3日昼のラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)で上沼は「私は審査員を引退します。むしろ(出場者として)出たい」などと話したが、テレビ局関係者は「これは明らかに暴言を吐かれたことを知った上での発言」と言う。

「問題の動画で久保田は『もうそろそろ辞めてください』に加え『審査員のみなさん、出てください』とも言っている。その発言を受けて上沼さんは、イヤミを込めて『出たい』と言ったのでしょう」

 2人の直接の謝罪を、果たして上沼は受け入れるのか?