BIGBANGの5人

写真拡大

 BIGBANGが“LAST DANSE”と銘打ち、全国4大ドームツアーの真っ最中だ。なぜラストかと言えば、これが最後という触れ込みで――。

 ***

韓流なんて、とっくに終わったものと考えていないだろうか。

 ドラマ「冬のソナタ」(NHK・BS2)による放送をきっかけに“韓流”と呼ばれる韓国ブームが巻き起こったのは2004年のこと。ブームを牽引したのは、ペ・ヨンジュンやチャン・ドンゴンなど、いわゆる韓国四天王らにキャーキャー言っていた中高年のお姉さま方だった。その一方で、翌05年には“嫌韓”の流れも起こり、韓流は次第に勢いを弱めていった。

 次いで“第2次韓流ブーム”と呼ばれる人気再燃が10年頃からで、東方神起、少女時代、KARAらK-POPグループがヒット。2011年には、これら3組がNHKの「紅白歌合戦」に出場するまでに。K-POPを支えたのは若いファンだったが、タレントと所属事務所がもめたり、韓国大統領の竹島上陸問題や慰安婦像設置問題も起こり、“嫌韓”の感情も再燃。第2次ブームも終焉する。

BIGBANGの5人

 そして“第3次韓流ブーム”が現在なんだとか。人気の筆頭が、BIGBANGという男性5人のグループで、前述の通り11月18日の福岡ヤフオク!ドームを皮切りに、京セラドーム大阪、ナゴヤドーム、東京ドームと、海外アーティストとしては初の5年連続ドームツアーを敢行中。さらに京セラドームへ戻って12月23日をもって完全に“ラスト”になるはずだったのだが……。

追加公演に追加席……文句は受け付けず

 ファンは語る。

「ツアーのタイトルが『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』と銘打たれているのは、徴兵制のある韓国では19歳から30歳までに約2年の兵役の義務があるからです。メンバー5人のうち30歳で最年長のT.O.P(トップ)は今年2月に一足早く入隊。それでいまは4人編成となっているのですが、彼らのうち2人がすでに29歳なのでギリギリの年齢。それで4人とも入隊するために『ラストツアー』になっているんです。当初は12月23日が最終公演だったんですが、10月末になって12月24日にもファンクラブ会員限定で同じ京セラドームで追加公演、つまり、ホントに最後のライブが行われると発表されたので、これも買わないわけにいきませんよね」

 ちなみに今年(2017年)2月に入隊したT.O.Pことチェ・スンヒョン(30)は、兵役の代わりに警察官を務める義務警察として勤務中、大麻を吸引していたとして、同年6月に逮捕。懲役10カ月、執行猶予2年の有罪判決を受けた。もちろん、警察官として勤務を続けるわけにもいかず、社会服務要員として勤務していると言われる。

 だからこそ「残った4人が入隊」「最後のツアー」と言われれば、どうしても見たいというファンは多いのだろう。

 今回のツアー4会場14公演で、およそ70万人を動員するとか。チケット代は、全席・全公演、一律1万2960円(税込)だから、ザッと90億円!の売り上げである。

 だがしかし「チケットの売り方が酷すぎる」という声も出てきているのだ。

「11月になると、今度は追加席のチケットが売り出されたのですが、これが“参加席”というもの。ステージ後ろ側の席なんですが、これが『酷すぎる!』とファンの間でも話題になっているんです」

 メールで送られてきたという参加席の説明曰く、

・参加席は、メンバーやステージが見えないお席となり、会場内に設置されますスクリーンでの鑑賞となります。

・また、音が聞き取りにくい、機材音が気になる可能性がございます。

・見えない、聞き取りにくい、気になるという感覚は個々に差がありますので、あらかじめご了承下さい。

・お席に関してのお問い合わせには、お答え出来ません。

・ご購入後の返金、及びご入場後のお席の振り替え、クレーム等は一切お受け出来ません。予めご了承下さい。

 慇懃無礼な物言いというか、牽強付会な言い分というか、言葉遣いこそ丁寧だが、言ってることは無茶苦茶だし、音楽ライブを楽しむ環境としては最悪だ。

最後の荒稼ぎ

「でしょう。しかも、チケットの値段は通常の指定席と同じ12960円。同じ会場にいながら、メンバーも見えず、音も悪い……それで同じ値段で売るなんて」

 ネット上にも不満の声が溢れている。

「参加席ってAKBにもあるらしいけど、ステージの裏みたいよ。声だけで全く見えないよ。AKBはすごく安いらしいけど、BIGBANGは指定席と同じ値段www」

「参加席も指定席も同じ値段… 鬼だな…」

「アリーナ1列目も参加席も同じ値段 おいコラッ主催者!! おかしいやろっ!!」

 ごもっともな意見である。

“参加席”とは耳慣れないが、「最近のコンサートではよくある」と話すのは業界関係者だ。

「5年ほど前から販売されるようになりましたね。もちろん人気アーティストに限るものです。通常なら販売されないステージの左右の席を“参加席”と称して販売するわけですが、小さい会場だとアーティストにより近かったり、かえって喜ばれることもあります。ただドーム球場のような巨大会場では、本当にアーティストが見えなかったりしますから注意が必要です。ですから、あのポール・マッカートニーも、東京ドーム公演の時に参加席を販売しましたが、S席1万8000円、A席1万6000円、B席1万4000円に対し、参加席は6000円と割安になっていましたからね」

 それが真っ当な商売というものだろう。

ラストですらない

 そして福岡ドームのライブではリーダーのG-DRAGON(ジードラゴン)はこう語ったとか。

「別れだとは思わない。再会の日を楽しみに過ごしたら、その日はすぐに来ると思います」
 
 兵役が終わったら復活。つまり「ラスト」でもないわけだ。まあ、燃えては消える韓流のこと、2年後に復活しても売れるとは限らない。その前の荒稼ぎというわけだ。

週刊新潮WEB取材班

2017年12月7日 掲載