餃子や肉を食べ比べできる秋葉原駅高架下の東京うまい横丁に行ってみた!

写真拡大

10月31日まで、東京・秋葉原駅高架下において期間限定のイベント「進化形横丁!秋葉原駅高架下『TOKYO UMAI YOKOCHO(東京うまい横丁)』」が開催されている。ノスタルジックな横丁スタイルのスペースで、餃子や和牛などの日本を代表する「おいしいもの」をガッツリ味わえるのが特徴。いったい、どんなイベントなのだろうか。また、どんな店舗が出店しているのだろうか。さっそく足を運んでみた。

■7月のテーマは「餃子」!

『東京うまい横丁』が開催されているのは、JR秋葉原駅電気街口から御徒町方面に3分ほど歩いた場所にある高架下のスペース。施設内には8台のキッチンカーが並び、それぞれ選りすぐりのお店がこだわりの食事を提供している。テーマと出店店舗は月ごとに異なり、提供される料理もガラリと変わる。ちなみに7月のテーマは「餃子屋が作る本気飯」&「餃子」、8月は「肉屋が作る本気のカレー」&「肉料理」となっており、9月以降は後日発表されるとのこと。

7月の出店店舗は、肉汁たっぷりの餃子を肉で巻いた「肉の爆弾 肉巻き餃子」や特製チャーハンを肉で巻いた「肉巻きチャーハン」を提供する『札幌マルエス食堂』、餃子の餡とご飯を一緒に炊いた「わらしべ餃子飯(餃子の炊き込みご飯)」を提供する『WARASHIBE GYOZA』など合計8店。

いずれの店舗も個性豊かで、たとえば卵黄や秘伝のスープなどを練りこんだ皮に近江牛をふんだんに使った具をたっぷりつめた「近江牛餃子 牛とんぽう」とその特製餃子を混ぜ込んだ「近江牛炒飯」などを提供する『近江牛餃子 包王』や、パクチーを隠し味に使った「パクチー香る!特製ジューシーホルモン餃子」と「イベリコ焼豚入りパクチーマヨチャーハン」を提供する『GYOZA STAND』のように、素材からこだわったお店も多い。

また、エビを丸1尾包み込んだ「えび餃子 秘伝九条ネギラー油かけ」と「えびたまご炒飯」の『西麻布 炙り家 縁』、台湾の超有名店総料理長が日本人向けに開発したという「羽根つき焼小籠包」とビールに合いそうな「旨辛マーボー丼」の『羽根つき焼小籠包 鼎’s(Din’s)』など、一味も二味も違うメニューを提供するお店も。施設内にはアルコール類やソフトドリンクなどを販売しているところもあるので、ぜひ好みのドリンクと餃子&本気飯で至福のひとときを楽しんでほしい。

■高級食材も手ごろに味わえる!

今回は、出店店舗のうち『新宿駆け込み餃子』が提供する「四川香る!旨辛チリソース水餃子」と「メガローストビーフのガーリック炒飯」、『新宿光来』が提供する「贅沢!ふかひれ入りパリっと餃子」と「ふかひれ餡かけチャーハン」にトライしてみた。

「四川香る!旨辛チリソース水餃子」は文字通り、水餃子にチリソースがかかったもの。程よい厚みのある皮はモチモチしていて食感がよく、噛むとジュワーっと肉汁があふれてきてとてもおいしい! チリソースとはいっても甘辛くまろやかな感じで、口の中に火がつくような辛さではないのでご心配なく。辛党ならラー油をプラスしてみると、よりおいしくいただけるかも。

「メガローストビーフのガーリック炒飯」は、大ぶりのローストビーフが惜しげもなくドカンと複数枚乗せられており、見た目も味もゴージャス。お肉はジューシーで旨味もたっぷりあり、上品な味が印象的だった。ローストビーフと炒飯を別々に食べてもおいしいけれど、お肉で炒飯を巻くようにして食べるとさらにおいしさアップ! ちなみに『東京うまい横丁』で提供されているメニューはほとんどが600円前後(7月の場合)だが、この「メガローストビーフのガーリック炒飯」は1300円とちょっと高めの価格設定になっている。しかしその分、食べ応えは十分なので、肉好きの人はぜひ注目を!

「贅沢!ふかひれ入りパリっと餃子」は、気仙沼産高級ふかひれと千葉県産もち豚を贅沢に使用しているのが特徴。名前の通りパリッとした餃子の中にトロッとしたフカヒレと舌触りがよく旨味たっぷりのもち豚が詰まっており、クセになりそうなおいしさ。「ふかひれ餡かけチャーハン」は、高級ふかひれの金糸とヒレ皮からでる旨味を凝縮させたという餡がチャーハンにたっぷりかかっており、コクの深さとやわらかな味わいが一口ごとに体の中に染み渡っていく感じ。こちらは餃子が600円、チャーハンが700円とお値段もリーズナブルなので、他店のメニューと食べ比べてみるのも楽しそうだ。

ノスタルジックな横丁スタイルのスペースで餃子や肉をガッツリ味わえる「東京うまい横丁」。「あなたの好きな餃子は?焼き餃子?水餃子?蒸し餃子?揚げ餃子?」ということで「教えて!goo」で意見を募集中だ!

【施設情報】
「進化形横丁!秋葉原駅高架下『TOKYO UMAI YOKOCHO(東京うまい横丁)』」
住所:東京都千代田区神田練塀町15―1 外(秋葉原-御徒町駅間 高架下)
アクセス:JR秋葉原駅電気街口から高架下を御徒町方面に徒歩3分
時間:12:00〜22:30(L.O.22:00)

「進化形横丁!秋葉原駅高架下『TOKYO UMAI YOKOCHO(東京うまい横丁)』」公式ページ

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)