北朝鮮南部・開城を歩く民衆。参考写真(ED JONES/AFP/Getty Images)

写真拡大

 中国政府は、遼寧省瀋陽市からベトナムへ渡航を計画した30数人の脱北者を、強制送還する予定だという。脱北者の強制送還は、中国と北朝鮮当局による利益チェーンとも伝えられている。

 米UPI通信によると、瀋陽にいた脱北者たちは11月25日、ベトナムへの渡航を計画していたところ、中国の公安に拘束された。消息筋によると、彼らはすでに中朝国境地帯の丹東に移送され、まもなく北朝鮮に送還される。

 中国側が脱北者を送還する理由として、北朝鮮のわいろや利益供与がある。そのため中国公安部は中国国境に住む脱北者を中心に送還してきた。

 国際法の規定に従えば難民を保護する義務がある。これに相反して、中国は脱北者を違法移民として強制送還する措置を一貫している。

 中国から強制送還された脱北者は非人道的な扱いを受ける。彼らは強制収容所に入れられ、餓えや拷問にさらされ、処刑される。伝えられるところによると、送還した中国共産党の役人の前で一人ずつ射殺されることもあるという。

(翻訳編集・文亮)