同僚から「ヤセたね」と賞賛される!今スグできる体型別着やせテク

写真拡大

夏までに計画的なダイエットをするはずだったのに、気が付けばもう秋がすぐそこに……。今になってハードな食事療法や運動をしている方も少なくないのではないでしょうか。

働き女子にとって食事から取るエネルギーは仕事への活力にもなるので、食事を抜くダイエットは避けたいものです。実際には痩せていなくても、痩せて見えたらダイエットの必要はありませんよね!

そこで今回は、露出が多い時期でも実践できる体型別着やせ術をご紹介します。

■体型セルフチェック

まずは自分の体形を知ることから始めましょう。大きく分けて4つの体型があるので、自分がどれに当てはまるかチェックしてください。

I型・・・メリハリがなく、いわゆる“ずん胴”型。

A型・・・上半身より下半身にボリュームがある体型。

X型・・・くびれはあるが、上半身も下半身もしっかりしている体型。

V型・・・下半身より上半身にボリュームがある体型。

■I型さんの場合

ゆったりとしたラインのワンピースにウエストをマークしたり、上半身にタイトなトップスを選びボトムスでAラインのスカートや足回りにゆとりのあるガウチョパンツを合わせたりなど、シルエットに“メリハリ”をつけるよう意識しましょう。

体型をカバーしようとして全体をゆるいシルエットにしてしまうと、もっさりした印象になり逆効果です。

■A型さんの場合

目立ちやすい下半身から上半身に視線が向くようコーディネートしましょう。

トップスに装飾やフリル、柄物を選び、下半身はシンプルにあまり目立たない色のものを選ぶと上半身と下半身の差が埋まり着やせ効果があります。

黒は引き締め効果があると思われがちですが、存在感も強いので、ボトムスに黒を合わせるのは避けたほうがベター。また、靴にはベージュやグレーなどヌーディーな色を合わせて脚長に見せればより着やせして見えます。

■X型さんの場合

ウエストがきちんとあるX型さんは、せっかくある引き締まった部分を隠さないように服を選びましょう。

ボトムスはなるべくハイウエストのものを、ワンピースであればウエストマークをしてメリハリを活かしたコーディネートをすると着やせして見えます。全体的にふわっとしたシルエットにならないように気を付けてくださいね。

■V型さんの場合

上半身にシャツやVネックのものを合わせて、首回りをすっきり見せましょう。

首が詰まったデザインのものは上半身の面積をより広く見せてしまうので、避けたいアイテムです。下半身にボリュームがある服を着ると、全体的にしっかりとした印象になってしまうので、ボトムスにはスリムな形のものを合わせましょう。

以上、今すぐ実践できる“体型別着やせ術”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

これらはすぐに実践できる基本のルールです。ぜひ自分の体型にあった形の服を着て、見た目スリムを目指しましょう。思わず同僚女子から「痩せたね」と声をかけられるかも!