27日、あるTwitterユーザーが、アニメ「おそ松さん」ファンの女性によるクレームを告発し、話題となっている。

ユーザーがアルバイトする書店で、この中学生と思われる女性が、「おそ松さん」が特集されている雑誌を予約しようとした。これに、ユーザーが「入荷数が限られているため」できないと応対すると、女性は怒り出し「本屋なのに予約できないわけないじゃんお姉さん馬鹿??オタク相手だからってナメんな」と言われたという。

それだけでなく、この女性は書店にあった販促物のポスターをお詫びとして要求してきた。ユーザーも「規則のため、お譲りできません」と応戦したそうだ。すると、「じゃあネットで何書かれても文句言うなよ??潰れろ」と暴言を吐かれたというのだ。

さらに帰り際、この女性はハードカバーの文芸書の平積みを倒し、汚していったという。その本は高額な上、返品不可のもので、「これもう売れないから、書店側が自腹切るしかないんだよ」と綴り、最も汚れが酷かった本はユーザーが買い取ったという。

そして、ユーザーは「これだからおそ松さんファンは態度悪いって書店側にも思われるんだよ」「そういうやつが多いから、うちだって事前予約なくなったんだ」と声を上げる。

ユーザー自身も「おそ松さん」が好きで、これまで関連書籍の入荷数を増やすよう、店長にお願いしていたという。しかし、今回のトラブルで「もういいよ」と思ってしまったようだ。

この一連のツイートは、28日10時の時点で5200件以上のリツイートと、940件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

【関連記事】
「おタバコですが温めますか?」 クレームへの対処がTwitterで話題に
岡本夏生が飲食店での誤請求に激怒「すげぇムカついたんだよ」
太田光がフジテレビに来た驚きのクレームを告白「スマスマの電波が痛い」