岡本夏生

写真拡大

15日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で岡本夏生が、鈴木奈々の「スイマセン」という口癖に物申す場面があった。

番組では「夕刊ベスト8」のコーナーで、日刊ゲンダイに掲載された桂ざこばの連載記事「ほんならな!!」を取り上げた。記事の中でざこばは、謝罪以外の意味で「スイマセン」を使う人が増えてきていると指摘した上で、「耳触りだ」と苦言を呈していた。

これについて、MCのふかわりょうが「岡本さん、確かに『スイマセン』て言っちゃいますよね」と話を振ると、岡本は「特に気になるのは大川(貴史プロデューサー)ファミリーの一員の鈴木奈々ですね」と鈴木について言及した。

「淳と隆の週間リテラシー」(TOKYO MX)をよく見ているという岡本は、同番組に出演する鈴木について「もうオープニングから最後までず〜っと何かあったら『スイマセン、スイマセン、スイマセン』って言ってトークに入るみたいな…」と不満を述べると、少し間を置いてからカメラ目線で「耳触りなんだよ!」とドスの効いた声で鈴木を一喝したのだ。

スタジオの一同がどよめき、爆笑するなかでふかわが「同じ大川ファミリーじゃないですか」となだめるも、岡本は「関係ねぇんだよ、そんなことは!」と声を荒げる。

ふかわは困惑しながらも「人の悪口言わないでくださいね」と苦笑しながらツッコミを入れ、コーナーを締めくくっていた。

【関連記事】
岡本夏生 マクドナルド社長の謝罪会見を酷評「あれから一切食べてない」
岡本夏生が飲食店での誤請求に激怒「すげぇムカついたんだよ」
岡本夏生が著書を1冊5万円で発売すると告白「なにしろ金がかかる」