DAIGO

写真拡大

16日放送のバラエティ番組「火曜サプライズ」(日本テレビ系)で、DAIGOが、ハリウッド俳優のジョージ・クルーニーから警告を受ける一幕があった。

この日の番組では、映画「トゥモローランド」について、DAIGOがジョージにインタビューした模様を放送した。

DAIGOがあいさつすると、ジョージはDAIGOのことを知っていると答え、「君はロサンゼルスでめちゃくちゃ有名だよ」と、冒頭から軽快なジョークを飛ばしてみせた。

さっそく、DAIGOが「トゥモローランド」を観た感想を“略語”で「GFM」だと伝えると、ジョージは「GFM…?」と、理解できずにしばらく考え込んでしまう。そこでDAIGOが、「Great Fantastic Movie(偉大な 素晴らしい 映画)」の意味だと説明した。

ジョージは安堵した表情を見せ、「ビビったよ!」「George Hate Movie(ジョージ 嫌い 映画)」だと思ったと答え、「僕のこと嫌いなのかと思ったよ」とDAIGOに伝えた。

和やかな雰囲気でインタビューが進むなか、DAIGOは自身の「決めポーズ」をジョージにしてもらいたいとお願いする。

すると、DAIGOの決めポースを見たジョージは、「ロサンゼルスだとギャングのサインだよ。それはロサンゼルスでやらないほうがいいよ。ボッコボコにされるよ」と、真面目な顔つきで警告したのだ。

DAIGOはこれを知らなかったようで、目を丸くし驚きを隠せないでいたが、最後は頷きながら「本当に教えてもらえて良かったです」と、ジョージにお礼をした。

【関連記事】
DAIGOとゴールデンボンバー 仲良くなったきっかけは画像の無断使用だった
加藤浩次がDAIGOの24時間マラソン参加に本音「断ってもよかった」
内田裕也の豪華な別宅に用意された謎の地下室にDAIGOが驚く