ソフトバンクは昨年末、宅内機器を設置するだけですぐにつながる、使い放題の高速インターネットサービス「SoftBank Air」を開始しました。
 
同サービスは、下り最大110Mbpsの高速無線通信が使い放題という点が魅力の1つでもあったのですが、今後はヘビーユーザーに対して、通信制限が課される可能性が浮上しました。

密かに進んだサービス改定

ブログメディアBuzzapによりますと、ソフトバンクは4月に「SoftBank Air」のサービス規約を変更していたようです。
 
変更前と変更後のサービス規約の内容は、以下の通りです。
 

【サービス規約(変更前)】
 
パケット利用量の制限がない定額制サービスのため、大容量データ通信や家族で共用してのインターネット利用が月額4,196円でデータ量の制限なく利用可能です。

 

【サービス規約(変更後)】
 
本サービスの安定供給を目的として、当社(ソフトバンク)の判断により、会員の本サービス利用に係る通信に割り当てる帯域を制限する場合があります。

 
たしかに、一部ヘビーユーザーの存在により、一般ユーザーが通信障害や、遅滞などの被害をこうむるのもどうかと思いますが、一度「使い放題」という謳い文句でサービスをリリースした以上、サービス開始からたった4ヶ月で規約を改定するのはいかがなものでしょうか。通信業界の全体的な動きとして、「〜日間で〜GB]といった制限は一般的であるものの、こうして契約途中でサービス内容を改悪する点に対しては、腑に落ちないという方も多いはずです。
 
 
参照元:Buzzap
執 筆:クロス