浅田舞

写真拡大

28日放送のバラエティ番組「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系)で、浅田舞がバイオリン演奏を聴く最中に、ひとりだけ体を横に揺らす一幕があった。

番組では、ゲスト講師に葉加瀬太郎が登場し、「葉加瀬太郎が選ぶ 学校の先生も知らない!? 驚きのエピソードを持つ作曲家BEST7」という講義を行った。

講義中、葉加瀬はモーツァルトの「交響曲 第40番」をバイオリンで演奏。出演者は静かに座ったまま、演奏を聴き入っていたが、浅田だけはなぜか体を大きく左右に揺らし、歯が見えるほどの満面の笑みを浮かべている。

浅田は、続くドヴォルザークの「交響曲第9番『新世界より』」や、ショパンの「ノクターン」でも首や体を大きく横に揺らしており、ベートーヴェンの「第九」に至っては、曲のスピードに合わせるように、体を揺らす動きも激しくなっている。

クラシック音楽を独自のスタイルで聴き入る浅田の動きは、出演者のなかでもひときわ目立っていた。

【関連記事】
浅田舞も絶句 声を発するとされる市松人形がスタジオに登場して騒然
浅田舞 プライベートの水着写真が流出した真相を語る「非公開のSNSに投稿したのに…」
浅田舞がだらしない一面が明らかに…「口を開けて爆睡」「靴下が片方ずり落ちたまま」