日本のコロナ対策は海外からどう評価されているのか。マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は「コロナ対策の成否は『超過死亡数』で見るべき。その点で日本は世界で最も高齢化が進んでいるにもかかわらず、特にうまく対処した国だ。一方、アメリカは世界で最も失敗した国となった」という――。※本稿は、ビル・ゲイツ『パンデミックなき未来へ僕たちにできること』(早川書房)の一部を再編集したものです。写真=iStock.com/