日本経済の根幹を支えている中小企業。しかし、長引く不況や少子高齢化により、過酷な状況に追い込まれているケースが多く存在します。時代の流れについていくスピード・体力の不足、そして衰退する市場に取り残され、価格競争を強いられ疲弊していくことがその理由ですが、状況を打開するにはどうしたらいいのでしょうか。社会情勢の変化やスピードに、どこまでついていけるか企業の規模に関わらず、社会情勢の変化やスピードの速