役者として舞台に立つ経験から、私は多くを学びました。身のこなし方に妙なクセがあり、声も風変わりな私ですが、舞台の上ではそれがまたとない個性になります。また、人前で演じることが自分の殻を破るきっかけになり、「人にどう思われているのだろう」と気に病むこともなくなりました。ありのままの自分を受け入れられるようになったのも、演劇のおかげです。何より、演劇をやってきた最大の成果は、共感力が上がったことです。