過酷すぎる地下アイドル達の「24時間」に密着

秋葉原で歌う地下アイドル達をご存知だろうか。連日連夜、休日なしで歌い続けるそのハードな仕事ぶりは並の会社員とは比べものにならない。今回、そんな彼女達の過酷すぎる24時間を、自宅も含めて取材したのでご紹介したい。



取材したのは最強地下アイドル仮面女子」の3人。左から「アーマーガールズ」のエース・黒木ひなこ。真ん中が「スチームガールズ」Gカップアイドルの神谷えりな。右が同じくスチームガールズの澤田リサだ。彼女達の生活を早回しすると、このようにめまぐるしい1日を送っている。

そして彼女達がもっとも忙しい時の24時間の時間割はこちらだ。



まとまった睡眠は30分のみ。移動の合間にちょくちょく寝るそうだ。昭和の人気アイドルはこれくらい忙しかったと聞くが今は平成だ。そしてもう一人、同じようにハードな24時間を送る人物がいる。下の時間割を見れば誰だかわかるだろうか?



答えは人気海外ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」の主人公、ジャック・バウアーだ。テロ組織から国を守るために不眠不休は当たり前。飲まず食わずで、アイドルと同じようにトイレにも行かない。実はジャック・バウアーと地下アイドルはその忙しさで似ている。

このドラマの面白さは、ジャック・バウアーに密着取材しているかのように、24時間リアルタイムで物語が進行するところだ。そのため臨場感が半端ない。今回はこのドラマを参考に、地下アイドルを密着取材してみた。

そしてより密着取材するため、スマートフォンで操作・空撮できるドローンも使う。

ちなみに、密着取材で使用する安全なドローンに対し、3月4日発売の「24」最新作「リブ・アナザー・デイ」で登場するのは、ハッキングされたアメリカ軍のドローン=無人爆撃機である。ロンドンの人命が狙われることになるのだ。

ジャックの24時間は、無人爆撃機を操作するテロ組織との戦いになる。

ジャックとはレベルが違いすぎるが、我々はアイドルのハードな24時間を伝えたいと思う。



ちなみにドラマではこちらのクロエ・オブライエンがジャック・バウアーをサポートするが、今回の密着取材はこちらのエリナにお願いした。



理由はなんとなくクロエに似ているからだ。
さて、それではさっそく24時間を見ていこう。

ここは神谷えりなの自宅。地下アイドルの朝は早い。この日はライブの前に撮影が入っているため、早朝4時起き。眠い目をこすりながら準備を始める。
まずは入浴だ。