13日、韓国メディアによると、韓国政府は日本による植民地時代に南太平洋のパプアニューギニアへ強制連行され、犠牲になった朝鮮半島出身者を追悼する石碑を建立する。写真は韓国大統領府。

写真拡大

2014年1月13日、韓国・聯合ニュース(中国語電子版)によると、韓国政府は日本による植民地時代に南太平洋のパプアニューギニアへ強制連行され、犠牲になった朝鮮半島出身者を追悼する石碑を建立する。政府機関の「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者ら支援委員会」が明らかにした。2010年5月と9月にそれぞれフィリピンとインドネシアに建てられた追悼碑に続き、海外で3番目となる。

【その他の写真】

追悼碑は総額3億5000万ウォン(約3400万円)の予算が投じられ、昨年12月に着工、除幕式は6月に行われる。高さ6メートルで、追悼文と主な犠牲者の名前が刻まれる。

第二次世界大戦で、パプアニューギニアは南太平洋地域の主戦場となった。犠牲者は日本、中国に次ぎ、朝鮮半島出身者が3番目に多い。委員会の推計によると、当時、4000人を超える朝鮮半島出身者がパプアニューギニアに強制連行され、9割以上が犠牲になったという。

韓国政府は今後、年間2億ウォン(約1958万円)の予算を投じ、毎年1基、海外に追悼碑を作る計画だ。(翻訳・編集/NY)