地球上最大級の魚竜の化石を英国で発見、クジラ並みの大きさ(ロイター)

写真拡大

 破格の巨大魚竜がいた―。約2億200万年前に生息していた地球上最も大きな海洋爬虫類の化石が発見された可能性が大きくなった。2020年5月に英国のルビー・レイノルズさんと父ジャスティンさん親子がサマーセットの浜辺で発見した顎骨の化石が、話題となっている。

【画像】破格の超大型魚竜は海を支配していた“頂点捕食者”の可能性が高い

 発見した親子は調べていく中で、古生物学者のディーン・ロマックスさんの存在を知り、連絡を取った。ロマックスさんによると、4年前にも海岸の近くで化石ハンターのポール・デラサールさんが同じような骨を発見していたという。ロマックスさんは「我々は2018年の研究で、ポールさんが発見した骨を珍しい巨大な顎の骨だと述べた。魚竜の顎の右奥にある上角骨の一部だ」と話す。

 専門家は、レイノルズさん親子が発見した今回の化石も、同じ魚竜のものだと17日に発表した。“第2の顎骨”が発見されたことで、これまで知られていなかった新種と確認された。

 「そのユニークな形状、様々な異なる構造に基づき、どちらの骨も三畳紀の終わり、約2億200万年前のものであるという事実は、科学にとって全く新しい存在を示している。われわれはこの新種をイクチオティタン・セバーネンシス(Ichthyotitan severnensis)と命名した」

 イクチオティタン・セバーネンシスは、全長約22~26メートルと推測される。これまでに存在した最大の動物であるシロナガスクジラの約30メートルに匹敵する。

 またこの巨大な海洋爬虫類は、既知の他の動物よりも1300万年後まで生息していた。専門家は、大量の種が絶滅した約2億100万年前まで、イクチオティタン・セバーネンシスが生存していた可能性があると考えている。

 ロマックスさんは「恐竜たちが地上を闊歩していたころの三畳紀の英国で、巨大なシロナガスクジラ大の魚竜が周辺の海を泳いでいたかと考えると、非常に驚くべきことだ」と話している。

(ロイター/よろず~ニュース編集部)