中東イエメンの漁師 クジラの腹の中から1.6億円の「お宝」を発見

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • イエメンの漁師が、海上で漂流しているマッコウクジラの死骸を見つけた
  • 死骸の腹を開くと、中から香料として利用されている「龍涎香」を発見
  • 龍涎香は重さ127キロで、UAEの実業家が約1億6500万円の価格で買い取った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x