新型コロナウイルスはこれまでの世界の常識に大きな変化を与え、多くの業界にさまざまな影響を及ぼした。そんななか、パチンコ業界に向けられたのはバッシングの矛先だった。休業するホールが相次ぐ中、営業するホールに出向こうと長距離を移動する客を好奇の目で取り上げるワイドショーを記憶されている方も多いだろう。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

 そんなパチンコを愛し、業界の未来について、面白く、そして真剣に語るのが大粼一万発氏、ヒロシ・ヤング氏の二人だ。パチンコ業界に半生を捧げてきた彼らは、今のパチンコ業界にどのような思いを持っているのだろうか。著書『パチンコ崩壊論』(扶桑社)の一部を抜粋し、紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

何をもってイイ客とするか

大崎 一部の情報強者だけが勝って幸せになるという状況は、なんとか避けたいところなんだけど……。

ヤング 理想はそうだけど、まあ厳しいよね。いや、おまえら散々オイシイとこ持ってった後で寝言ぬかすなってご批判は甘んじて承りますけど……。

大崎 そのためにはどうすればいいかという話になったときに「じゃあ、情報を一切出さなければいいじゃん」って考え方もある。パチスロは機械割だけ、パチンコは大当り確率と確変率(*1)だけ出して、あとの情報は全部黙っておくって作戦。

*1 確変突入率のこと

ヤング でもスロットは6号機になって、最終的な数値や特性はほとんどのメーカーが出してないじゃん。でも、ネットで探すと、なぜか完璧な立ち回り術が公開されてたりする。

大崎 うん、そこが今のネット時代を象徴しているというか。ビッグデータ(*2)が上がっているわけだし、以前なら業界人にしか出回らなかったような口コミ的情報もじゃんじゃんリークされる。それを分析力に長けたクレバーな人たちがよってたかって丸裸にして、有益な結果はすぐさま共有されていく。だから、特にパチスロは、もう隠したところで意味がないどころか、ますます情報格差を広げてるだけだと思う。

*2 一般的なソフトウエアで扱うことが困難なほど膨大で複雑なデータの集合を表す言葉。パチンコ・パチスロでは、全国の営業データを指す場合が多い

ヤング そういう情報をnote(*3)とかで売る人も増えたよね。実績のある配信者?っていうのかな、随分と稼いでる人もいるらしいじゃん。

*3 ブログのように情報発信ができるツール。文章での表現に特化しており手軽に有料販売することも可能。現在ではパチスロ雑誌がやっていたことをnoteでいちユーザーが気軽に投稿できる時代になっているようです

大崎 それこそがかつて攻略誌がやってきたことなんだよね。それが今や個人でやれるビジネスになってしまった。逆に雑誌は広告をもらってる以上、メーカーに不利益なことは書かない。で、そうなると当然雑誌なんて不要って話にも……。

ヤング なるよね。個人がネットでやるなら、メーカーやパチンコ屋に対する忖度なんてしなくていいし、メーカーの数値偽装(*4)だって平気で暴いたりする。「6の機械割、発表値と3%も違いますけどぉー!」みたいな。

*4 メーカー発表の機械割と実際にホールで稼働したときの機械割にズレがあるのは昔から。現在ではネット上でのデータ収集も比較的容易なので、一般の人でも検証することは可能でしょう

大崎 で、1台30万も40万も出して買ったパチンコ屋がその情報を見たりすると、話が違うってことになる。パチンコ屋からすれば台は集金装置なわけで、当たり前だけど「聞いてないよ」、は許されない。そんなギリギリのところでそれぞれがつばぜり合いしている状況を「楽しい遊技です、エンタメ業界です、わーい♪」なんて誰が言える?

ヤング みんな余裕ないナー、エラいことになっとるナーって完全野次馬目線で見るのが一番のエンターテイメントなんだよ。

大崎 こうした状況は加速こそすれもう止まらんからね。考えたくもないけど、崩壊に向かって突き進んでいると思う。

ヤング 行き着く先まで行ったその先がどうなってるか……。

「パチンコを盛り上げよう!」という哀しき願い

大崎 でもさ、「イイお客さま」が増えれば、この地獄から脱することができるわけだから、パチンコを盛り上げよう!って願いは、業界関係者誰もに共通してるんだよ。それが具体的な方法論となると、途端に止まってしまう。いや、いろいろと考えてるんだけど、あちら立てればこちらが立たずというか……。

ヤング だよなぁ。例えばオレたちで言うと夢戦(*5)なんかは、玉を出して勝ってもらえたら、最終的にお客さんは増えるはずだって考えでやってたけど、プロを食わすだけ、あるいは目立って逆に締め付けが厳しくなるだけだから、絶対反対って人も少なくない。

*5 大崎一万発とヒロシ・ヤングが始めたパチンコイベント。出玉系イベントのハシリといえるでしょう。2人のネームバリューでお客を集め、お店は出玉(赤字)で還元する。それゆえ開催する店舗は限られていた

大崎 デコレーション筐体(*6)問題もそうだよね。そんなところにお金をかけるぐらいなら、遊技機価格を下げて店の負担を軽減すべきだとか。まあ、あれは業界外、新規客に向けてのアピールだとオレは好意的にとらえてるけどね。間違いなく話題性は提供してくれるわけだからさ。

*6 液晶が大きくなり、役物(ギミック)が多数追加され、ウーハーもつけば、風も出る。とにかく装飾のインフレ化が止まらないパチンコ台は盤面に入れられるモノがなくなり、筐体外部へと広がっていった。そんな巨大化しつつある筐体のこと

ヤング でも既存ユーザーや店の反発は大きいよなぁ。そもそも、新規参入を促すのが先か、リピート率を上げたり、休眠ユーザーを掘り起こす方向性がいいのか、それすらはっきりした指針がないんだもん。それをどっちにするかで正反対の施策になったりするわけじゃん。

大崎 もちろん、規制緩和が一番の特効薬ではあるんだけど、パチスロのスペック緩和とバーターの期待が大きかった旧規則機の撤去(*7)にしても、逆なでするようなパチンコ屋があるわけだからね。

*7 概要は5号機撤去の脚注と同様だが、付け加えるなら凱旋や沖ドキといった人気稼働機種に関して業界内では「みんなで期限を守って撤去しましょう」という流れだったのだが、守らないところも出てきてすったもんだがありました……といういつもの流れ

嬉々として規制台を楽しむ客

ヤング そして、嬉々としてそういう店で凱旋や沖ドキを打つ客……。いや、打つ側に何ら非はないんだけど、そういう客を非難するような風潮が客の間に生まれているのが何とも興味深いというか。

大崎 業界事情を理解して、「未来」を考えて遊ぶ客と、打ちたいから打つだけ、先のことなんて知らんがなの客。民度の二極化も進んでいる。

ヤング ハンドル固定(*8)やドツキ(*9)に対しても、ルールやマナーを守れよ!って厳しい客は多くなったよね。えー?パチンコ打ってんのにちゃんとしすぎやろって信じられん思いはある(笑)。

*8 パチンコは打ち手の技術介入があるから遊技→ハンドル固定したら一定に飛ぶから技術介入性がなくなる→法律違反です。というロジックらしいが、だったら法律に明記されているパチスロの設定を「設定○入れてますよ!」と謳って何が悪いのか、と思いつつ、今日も空を見上げています

*9 役物系の機種で台をタイミングよくドツくことで入賞率をアップさせる裏技というか怒られる行為。誰でもドツけば入賞できるわけではなく、かなりの熟練度が必要とされるため、見よう見まねでするとかえって損をする可能性大。これもある意味遊技じゃね? 冗談なのでよい子はまねしないように!

大崎 でも、民度の高まりは、すなわち業界に落とすお金が減ってしまうことを意味するわけで。キレイに遊んでくれる、でも勝って帰る。ドツキ回すけど負けてくれる。さて、業界にとっていいお客様とは果たしてどちらだろうって話で。

ヤング 何をもってイイお客さまとするのか、これも価値観次第でまったく変わってくるわけじゃん。そして、業界の着地点をどこに置き、どう考えるかでも。正解なんてわからんから、オレはもう面白いとしか見てないけどさ。

客は納得して負けるべし

大崎 だから!客を増やすための確たる道がまだ見えない以上、我々にやれること、そして誰もが損をしない方法はただひとつ。『滅亡論』からの繰り返しになるけど、「わかったうえで負けよう」「納得して負けを受け入れよう」ってバカなことを言い続けるしかないんだよ。冗談ではなく。あれからいろいろ考えたり、いろんな関係者から意見も聞いたうえで、もうこれしかないって。

ヤング 究極の結論だよね。「はい、この台の回転率なら期待値マイナス。13時間打ったら1万8000円負けます」「おそらく設定1です。出玉率は97・5%です」を受け入れて楽しく打つ。わかったうえで負けてりゃ誰も損しない。ていうか、それでもたまに出ちゃうのがパチンコ・パチスロだから、もうそれでヨシとしようぜって話だよね。

大崎 現実問題、適当に打つとそういう台ばっかりなわけ。でも勝てるはずだと納得できないからムカつく、パチンコから離れる、深追いしてお金がなくなる。そうならないよう、楽しんだ時間なりの遊技代金はちゃんとお支払いしましょう、時間消費型レジャーに参加した消費者として当然のふるまいをしましょうって当たり前の話をしているわけ。ナンセンスかもしれんけど。

パチンコにおける理想の世界は共産主義?

ヤング でもさ、今の台で遊んで1時間1000円とか2000円は、正直高いよな。

大崎 うん、だからいっそ、パチスロは設定なしの出玉率99%でいい。パチンコも釘触れないようにして、ボーダーマイナス1回で揃えたらいい。そんな台、誰が打つかって? いや、「イイお客さん」はむしろ喜ぶんじゃないの? 今がひどすぎるわけだからね。そしてプロはいなくなる。勝てるから打ってた人は気の毒だけど、お金じゃなく本当にパチンコ好きで打ってたなら、それでもきっと楽しみ方を見つけてくれると信じたい。

ヤング パチンコを倒せーとかイキってたヤツが、よくそんなこと抜かせるなって話だけど、でもナベツネ(*10)だって元々は共産党員だったわけだもんな(笑)。

*10 読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡邉恒雄。大正15年生まれの御年94歳。球界の独裁者と呼ばれ保守の権化のようなイメージのナベツネが元共産党員だったのは意外

大崎 そうだよ!クルッと転向してるんだよ!

ヤング どうすれば国民全員が幸せになれるのか?を真剣に考え続けた結果「マルクス主義は……うーん、やっぱり違う!」ってなったわけじゃん、ナベツネは。知らんけど(笑)。

大崎 逆にパチンコにおいては共産主義こそ理想の世界(笑)。存続を前提に落としどころを考えたら、やっぱり「客がわかったうえで負ける」以外はないんだよ。一応、今のところはと付け加えておくけど。

ヤング だから我々も転向は転向なんだけど、パチンコのことがずっと好きで、深く知ってしまったがゆえの変節なんだから、とりあえず愛を貫いてるとは言えるんじゃない?(笑)

大崎 でもまあ、我々が何を言ったところで、客の意識が変わるとは考えづらいからなぁ。「わかったうえで負けましょう!」とか言ったところで「うるせえよ、バカ!」の一言だよね(笑)。

「ほかの商売がバカバカしくなる」

ヤング うん、理想論にすぎるのは承知してる。でもさ、崩壊しないためには納得して遊ぶ人たちを少しでも増やしていかなければいけないわけじゃん。

大崎 だから居心地をよくする、サービスをよくする。遊技そのものだけじゃなく、トータルの魅力でパチンコ屋に足を運んでもらうようにする。ビジネスモデルの大転換を熱望したい! かと言って、店側の思想が変わることも、ちょっと考えにくい。昨日さ、あるパチンコ屋のオーナーと飲んだんだけど、5時間ずっと下ネタの話をしてんだよ(笑)。

ヤング いやいや、下ネタと経営思想は別モノだろ(笑)。

大崎 そのオーナーは他にもいろんな事業をやってるんだけど、曰く「パチンコは一発当たったときの破壊力がありえないくらいデカい」んだと。「もうほかの商売がバカバカしくなるくらい」って言ってた。パチンコ屋の一発逆転幻想ってのはまだ根強く残ってるんだよね。

ヤング 山っ気の強いオーナーっていっぱいおるもんなぁ。てか、客と一緒じゃん(笑)。

大崎 同じだよ(笑)。だから韋駄天(*11)が出たら「1ボックス勝負じゃー!」とかなるわけじゃん。早々に大量導入した店は、賭けに勝ったわけだからね。

*11 20年4月に三洋物産から発売された一種二種混合タイプのパチンコ台、P大工の源さん 超韋駄天のこと。RUSH突入率60%で継続率が約93%。圧倒的な出玉スピードで瞬く間に人気機種となる

ヤング だから1台3000円の利益でお客さまを楽しませる遊技場に転換していきましょうとかいってもさ、客と同じく「バカじゃねーの?」の一言だよ。あと、さっきの旧規則機撤去問題もそうだけど、そんなもん儲かるんだからしょうがねーだろって店も出てくるよね。「えー、ここはひとつ業界の10年後、20年後を考えて……」なんて理想論を言っても、トッポい店からしたらそんなの知るかってことになるわけで。

大崎 コロナで休業しなかったある店の店長は、ブッコ抜きでも連日パンパンの稼働になっちゃって、もう一回休業要請こないかな〜って言ってた(笑)。いや、笑いごとじゃないんだけどさ。

ヤング 店も店、客も客ってことになるのかなぁ……。そりゃ収まるわけもないって話。やっぱり崩壊に近づいてるとしか思えんな。

濁った水は居心地がよい

ヤング 何度も言うけどさ、結局こうなったすべての要因はインターネットなんだけど、ネットが元凶だってわかったところで、どうしようもないからね。元には戻れないし、何の解決策もないから。

大崎 元凶て(笑)。きみは本当にネット嫌いだけど、いや業界としてもプラスの面はあるわけじゃん。台や店のプロモーションしかり、エンタメとしても実戦動画とかツイッターとか。ただ、パチンコ業界の思惑とはマッチングが悪いというか、ネットを活用してゼニを取りに行きたい客のエネルギーにはかなわないよね。

ヤング 人を動かすのはゼニの力だから。それが射幸心ってことだから。そして業界として望ましい方向とは逆のベクトルにネットを引っ張ってる。

大崎 そうなんだよな。どんなにかわいいアイドル店員(*12)が「打ちにきてね〜♪」とか健全に頑張っても、姑息な手段で高設定アピールする店があったらそっちのほうが拡散されるし、集客するわけだからね。

*12 ホールで働いているカワイ子ちゃんを自前でプロデュースできれば無駄な宣伝費をかけず集客効果が望めます

清く正しくそしてツマらなくなったパチンコ業界

ヤング グレーとされてることを先んじてやったヤツが勝ってきた世界だから。

大崎 「やったもん勝ちを何とかしないと」って意見もあるんだけど、どうにも線が引けなかったり、ネットにはシロクロつけられない話がメッチャ多いわけよ。しかも、完全クロじゃない以上、ペナルティの科しようもないわけで。

ヤング グレーなうちにやりまくって問題化してルールが決まる前に儲けきった奴が勝ちだから。

大崎 本来はそういう隙間をすかさず見つけて、そこに手を突っ込んで金が儲かるスキームを作り上げていくっていうのが、メーカーにせよホールにせよ、本来のパチンコ業界のメンタルだったんだよね。

ヤング 打つか打たせるかの違いだけで、金を取りにいくって意味では客も業界も同じことをやってきた。それが隙間が次々に埋められて、回るお金が減って先鋭化するヤツ、いやだからちゃんとやるべきと正論に立ち返るヤツ、客と同様、業界内でも価値観の多様化と分断が進行してるんだよ。

大崎 時代に合わせて清く正しくなってきてる状況をどうこう言いたくはないけど……なあ、本当にツマンネーとは思うよ。マジで!

ヤング その「時代」こそインターネットそのものだから。パチンコを清く正しくそしてツマんなくしたのはネットなんだからやっぱり元凶なんだよ。そしてそういう点でのエンタメ性は明らかになくなった。金を取りに行く客の立場からすれば、隙を突く店や業者のほうが夢はあったし面白かったんだけど。


©️iStock.com

大崎 我々は清い水に馴染めないドジョウだから、濁り水のほうが居心地はいいわけだよね、本音を言えば。パチンコの未来を考えよう(*13)ってオンサロを主宰している立場もあるから、声高には言えないけど(笑)。

*13 大崎が主宰しているオンラインサロン。オンサロと聞くと金儲けのにおいしかしないのだが、パチンコの未来を考えようでは大崎さんは全然儲かっていない様子。私がいうのも何ですが、2人は金儲けの才能がないわけじゃないのに、その美学ゆえ金儲けができない。そのくせ金儲けしたいなぁ〜と叫ぶので面倒くさいのです

ヤング それを自覚したうえでガンガン負ければ何の矛盾もないんじゃない。え、何か文句あります?って(笑)。

健全な業界人の増加

大崎 たださ、昔の業界人メンタルとは無縁の、本当の意味で健全な業界人が増えてるのは事実で、そういう人たちがいずれは次世代を担うわけだし、徐々にだけれども水はもっと清くなっていくよね。つまんなかろうが、それで客が増えればいいんだよな。どっちに転ぶかは……神のみぞ知る。

ヤング パチンコってさ、メーカーも店も業者も客も、ヘタしたら良識ある世間からはみ出してしまいそうな、ちょっといけんヤツにとってすごく居心地のいい世界だったじゃない。オレはまさにその部分に魅力を感じてパチンコに吸い寄せられたみたいなところがあるんだけど、そこすらもグローバル資本主義化して、ダメなやつは排除されてくってさ……。夢がないしさ、さみしいよ……。

大崎 個人的な感情はどうでもいいんだよ。もしそんな業界になっても、楽しく負けてくれる客が増えるんなら文句言う筋合いはないわけじゃん。

ヤング そうだよ。でもそうなったらもう我々には居場所なんてないんだよ。それだけは間違いないわ(笑)。

【続きを読む】科学的に証明された“脳汁”の正体…大人気パチンコ・海物語は「演出の信頼度が40%っていうのが絶妙」

科学的に証明された“脳汁”の正体…大人気パチンコ・海物語は「演出の信頼度が40%っていうのが絶妙」 へ続く

(大崎 一万発,ヒロシ・ヤング)