7月1日より東京ディズニーランド・シーの両パークが営業を再開することを発表 (C)oricon ME inc.

写真拡大

 オリエンタルランドは23日、新型コロナの影響で2月末から臨時休園していた東京ディズニーランド東京ディズニーシーを、7月1日より再開すると発表した。それに伴い、東京ディズニーリゾートオンライン予約・購入サイトへのアクセスが集中する事態となっている。

【まとめ一覧】キャラグリ、花火…“休止”イベント、アトラクションなどイッキ見

 同社はパーク再開にあたり「入園者数の制限によるキャパシティコントロール、アトラクション、ショップ、レストラン等の各施設における利用人数の制限、定期的な拭き上げ、ソーシャルディスタンスを確保するための積極的な声かけ等、健康と安全のための対策を徹底」すると発表。

 チケットは当面の間“日時指定・事前購入のみ”で、6月25日午後3時より、東京デイズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトで販売を開始。エントランス周辺でのソーシャルディスタンスを確保するため、入園可能な時間が異なる3種類のチケット(午前8時以降、午前11時以降、午後2時以降)が販売される。オープン券、年間パスポート、再来園パスポート等は使用できない。

 チケット発売前だが、同サイトは再開の発表後まもなく「ただいまアクセスが集中しておりアクセスしにくい状態となっております」とサーバーダウン状態に。SNS上では「まだチケ販売も予約も始まってないのにサイトが繋がらない これがディズニーの倍率ですね…」「なんかサイト入れないけどwww」「アクセス集中で全くひらけん…流石ディズニー」などの声があがっている。

 なお、4月15日に予定していた東京ディズニーランド大規模開発エリアの開業については、両パーク再開後の状況を見て決定し、開業日はあらためて発表される。2020年度のイベント・プログラムは、一部変更となっている(詳細は東京ディズニーリゾート・公式サイトに掲載)。