子どもっぽすぎ?童顔さんが「余計に幼く見えちゃう」NGコーデ

写真拡大

童顔な方が、余計幼く見えてしまうファッションを紹介していきます。
子どもっぽい印象を与えないためにも、しっかりとポイントを守りましょう。
それでは、早速見ていきます。

(1)衿が詰まっているトップス


衿が詰まっている洋服を、童顔さんが着る場合は注意が必要です。
このような洋服は、首回りに余裕がないため、顔に視線が集まりやすくなります。
そうすると、童顔な印象を強く与えてしまうのです。

童顔さんであるならば、首元に抜け感を出すのが大切になります。
首元に抜け感があれば、顔回りに視線が集中しないので、大人見せできるのです。

(2)キャラTシャツ


ミッキーマウスや、アメコミのキャラがプリントされたTシャツも要注意。
童顔さんが着用すると、一気に幼く見えてしまいます。

仮に着用するのであれば、スキニーパンツやピンヒールなどを合わせましょう。
こうすると、大人っぽい雰囲気が生まれて、幼さが半減します。
また、キャラTよりも、ロゴTの方が大人っぽいので、童顔さんにはおすすめ。

(3)黒のワンピース


黒のワンピースは、大人っぽいアイテムの代表格ですが、注意が必要。
童顔さんが、このアイテムを着用すると、顔だけが浮いてしまう場合があるのです。
着せられている感が出てしまうので、小物に色を入れたりするといいでしょう。

また、黒のワンピースを選ぶなら、カジュアル感が強いTシャツワンピがおすすめ。
童顔さんでもしっくりくる、カジュアルファッションが目指せます。

(4)ダメージデニム


ハードな加工がされたダメージデニムも、童顔さんが着る場合は要注意。
ダメージデニムは、どうしてもやんちゃ感が出てしまいます。
そのため、少年のような雰囲気になり、幼さが余計際立つのです。

ダメージデニムを選ぶなら、色の濃いネイビーを選択するといいでしょう。
シックな色合いなので、多少のダメージ感があっても、幼く見えることがなくなります。

いかがでしょうか?
今回は童顔さんが避けるべき服装を4つ紹介しました。
大人っぽく見せるためにも、ポイントを守った洋服を選びましょう。

(liBae編集部)