自衛隊宮城地方協力本部のツイート

写真拡大

2日、Twitter上の「うしおととら」アニメ化情報について、自衛隊宮城地方協力本部が作品のファンをくすぐる投稿をして反響を呼んでいる。

90年代に週刊少年サンデーで連載した藤田和日郎氏のマンガ「うしおととら」は、主人公・蒼月潮と、潮に取り付いた大妖怪・とらがタッグを組み、バトルを繰り広げながら壮大な物語が展開する作品だ。

その「うしおととら」が2015年の夏にテレビアニメ化されるという情報がTwitterに流れ、ファンによる憶測を呼んでいる。



さらに、Twitterでアニメ化の情報が拡散する中、自衛隊関連機関の公式アカウントでありながら、ゆるい投稿が人気の自衛隊宮城地方協力本部のツイートには、多くの返信やリツイートが集まっている。

投稿文中の「憎い…憎い…」は、最終決戦編での主人公・潮のセリフであり、声優の心配をするなど、アカウントのいわゆる「中の人」が作品のファンであることを伺わせる。







【関連記事】
漫画家・藤田和日郎氏、自作に触れた朝日新聞コラムの分析を否定…文芸評論家が発言を謝罪することに
ビートたけしが小笠原諸島の改名を提案「毛沢東島っていうのはダメ?」
栗山千明、「王様のブランチ」で西尾維新「物語シリーズ」の魅力を力説