24日、韓国・仁川アジア大会の組織委員会は記者会見で、ボランティアと運営スタッフが競技場内で賭博行為をしていた問題について謝罪した。写真は大会の会場周辺。

写真拡大

2014年9月24日、新華社によると、韓国・仁川アジア大会の組織委員会は記者会見で、ボランティアと運営スタッフが競技場内で賭博行為をしていた問題について謝罪した。

【その他の写真】

ビーチバレー会場でボランティアスタッフがカード賭博を、またカバディ会場では運営スタッフが賭場を開いていたとメディアが報じていた。

この問題について、組織委員会は「ビーチバレー会場でのトランプは3人の高校生がふざけて遊んでいたものだ。カバディ会場で賭場を開いた運営スタッフはすでに解雇した」と説明。解雇したスタッフは連盟が推薦した大学生で、組織委は連盟に対し、再発防止と人員の変更を要請したという。(翻訳・編集/NY)