週刊プレイボーイ47号で2年半ぶりのグラビアに登場した川村ゆきえ

写真拡大 (全2枚)


週刊プレイボーイ47号で2年半ぶりのグラビアに登場した川村ゆきえ

キャリア15年の間にリリースした写真集は14冊、DVDは40本を超える、誰もが認めるレジェンドグラドル・川村ゆきえ。

小塚毅之、西條彰仁というふたりのカメラマンと真っ向勝負でぶつかり合った、約2年半ぶりの撮り下ろしグラビアで週刊プレイボーイ47号(11月5日発売)に登場。

この撮影にかけた思いとは? 7年間、通い続けるキックボクシングジムでのトレーニング密着後に聞いてみた。

* * *

■グラビア引退とは言ってない

――パンチ、重いですね。

川村 これ、返しは「ありがとうございます」なのかな(笑)。今日は週プレnetの撮影用で薄着ですけど、普段はサウナスーツを着てガンガン汗を流してトレーニングしています。

――どれくらいの頻度で?

川村 普段は週に1回ほど。ただ、今回のグラビアに向けて週3ペースで追い込みました。やっぱり、やるからには気持ち的にも身体的にもベストな状況でロケに臨みたいですから。

――撮り下ろしとしては約2年半ぶりになります。

川村 復活、と言うと少し大げさになりますけど、自分の中で30歳になった頃にやり尽くした感覚があったんです。仕事がゼロになってもいいと思ったし、いったん休憩したい気持ちもありました。

――なぜこのタイミングでもう一度?

川村 そもそもグラビアを引退するとは言ってないですからね。振り返ると今年がデビューから15周年という節目の年で、「あ、だったらやろうかな」くらいのほわっとした気持ちです。

やり尽くした先に新しいものを表現したい、というより今、32歳の私がたとえ同じことをやったとしても、別のものを伝えられると信じています。

――今回はふたりのカメラマンと別々に2回のロケに行きました。

川村 豪華ですよね。どちらのカメラマンさんも本当にお世話になっている方で、事前の打ち合わせから参加させてもらって。

前半の九十九里ロケはスタイリストさんが不在で、後半の富士樹海ロケはメイクさんが不在。どこかに負荷をかけたい狙いがあったようで、これはベテランだからこそなせる業(わざ)です(笑)。

――いい機会なので、川村さんのグラビア道15年を振り返らせてください。デビューは2003年になります。

川村 初めてはよく覚えています。ネットの撮影で衣装は自前のビキニ。撮影の前日までダイエットに励んで毎日鏡を見て、「私は本当にやっていけるのかな?」と不安がっていました。そして迎えた撮影日が4月11日。高校3年生のときです。

――よく覚えていますね。

川村 デビューから2、3年の記憶は濃いというか、いきなり人生が目まぐるしく動いたので。その年の秋にヤンジャンさんが主催の制服コレクションで準グランプリをいただいて、初めての海外ロケがクリスマスの頃にグアムでした。

■ニップレス残酷物語

――当時は地元のコンビニでバイトされていたとか?

川村 はい。このお仕事を始めてからもしばらく続けていて、初めて雑誌の表紙になったタイミングでやめました。後に、そのコンビニで6種類の雑誌の表紙に自分の顔が並んでいるのを見て、「あ、少しは売れたかも」と思いました。

――週プレの初グラビアは2004年の6月でした。ちなみにこれまでのグラビア総登場回数は33回。これは創刊52年の歴史の中でもトップクラスです。

川村 お世話になっております〜(笑)。週プレさんの撮影を通して私の中にあるグラビアの基本がつくられたと思います。笑顔で元気にはじけるよりも、大人っぽい表情でしっとりと。川村ゆきえのイメージはこちらのほうが強いはずです。

――グラビア活動の最盛期はどんなスケジュール感で?

川村 一ヵ月で20日は撮っていました。一番行ったロケ地はやっぱり沖縄かな。沖縄で撮影してスーツケースを置いたまま東京に帰って、翌日にまた戻って撮影なんてことも。私、あの頃は日焼けで真っ黒。メイクさんに「ゆっきーに合うファンデーションがない」と泣かれたこともありました。それにニップレスもひどくて......。

――ニップレスって、乳首に貼る絆創膏(ばんそうこう)みたいなものですよね。

川村 あの頃は今みたいに性能が良くなくて、はがすと血が出て大変で。だから私の乳首は酷使されてもうボロボロ(笑)。

――ほかに当時と今で変わったことは?

川村 衣装の流行は強く感じます。私がデビューした頃は毛糸で編んであるような素材感のある水着が人気でした。今はほとんど見ないワイヤータイプのビキニもよく着ましたね。それよりも単純に、時代と共に水着の面積が小さくなっていませんか? もうただの布がちょろっとだけみたいな。

■"乗っかり感"でわかる熟練の勘

――確かに、新人さんでも攻めた小さい水着をいきなり着るコが増えている印象です。

川村 すべて小さければいい、露出が多ければいいとは思わないのが本音です。何がきれいで、どこまでやるのが自分にとってプラスになるのか。長い間、この仕事をしていると、見せ場の衣装やシチュエーションも多少は理解できます。だからこそ、しっかり納得した上で現場をやりきるべきだと思います。

――川村さんがそう言われると、重みを感じます。その心持ちが15年も続く秘訣(ひけつ)なのかなと。

川村 いやいや......実際はそんなに深くは考えていませんよ。ただ、今回の撮影でもカメラマンさんに「今、私の感覚だとやばそうですけど」って合間に写真を見せてもらうことがありました。正直、衣装の"乗っかり感"とカメラの角度で仕上がりのイメージがなんとなくわかりますから。

――では最後に、次があるとしたら?

川村 しばらくお休みすると、「最近、見ないね」とか「やめちゃったの」とかSNSでいやでも目にするじゃないですか? 悔しいですよ、やっぱり。地道にやっていても雑誌や中づりに名前がないと忘れられちゃう。求める人がいるならやりたいし、私、生きてますよって言いたい。

グラビアは生存確認みたいなもの。今回、久々のグラビア撮影で"キメ"のポーズや表情ではない、どこか崩れた曖昧な雰囲気を求められたことが新鮮でした。次があるとしたら、またチャレンジしてみたい表現のひとつです。

* * *

この後、場所をジンギスカン屋に移してインタビューの延長戦に突入。ハイボール片手にほろ酔いの川村さんと2時間超。淡い恋のお話やプライベートにもがっつり突っ込みました。(続きは週プレnetに収録しています)。

●川村ゆきえ 
1986年1月23日生まれ。2003年グラビアデビュー。写真集のリリースは14冊。DVDは40本を超える誰もが認めるレジェンド

撮影/小塚毅之