浦和から最多5名が選出…初招集の長澤「レッズでのプレーが評価された」

写真拡大

 浦和レッズは31日、11月に行われるブラジル代表及びベルギー代表との国際親善試合に臨む選手たちのコメントを掲載した。

 今回、GK西川周作、DF槙野智章、MF遠藤航が順当に選出されたほか、明治安田生命J1リーグで20ゴールを挙げ得点ランキング首位に立つFW興梠慎三が久しぶりの選出、クラブで調子を上げるMF長澤和輝が初招集となった。

 以下、5選手のコメント。

■西川周作
「今回、日本代表に選出いただけて大変光栄に思っています。久しぶりの代表選出になりますし、自分が信じて積み上げてきたものをしっかりと出し、チームの勝利に貢献していきたいと考えています。その前に、リーグでの鹿島アントラーズ戦がありますので、まずはそちらに集中していきます。応援、よろしくお願いします」

■槙野智章
「このたびも日本代表に選出いただけて大変光栄に思っています。これからワールドカップの本大会までは激しい競争もあると思いますし、日本代表の誇りを胸に、しっかりとチームに貢献できる姿を見せていきたいと考えています。まずは、今週末の鹿島アントラーズ戦に向けて全力をつくします。応援、よろしくお願いします」

■遠藤 航
「また日本代表に選出いただき大変うれしく思っています。しっかりと代表に定着できるよう、個人としての攻守の特長はもちろん、チームの勝利に貢献できることを示したいと考えています。今週末には鹿島アントラーズとの試合もあるので、そちらに向けてもしっかりと準備します。応援のほど、よろしくお願いします」

■長澤和輝
「日本代表に選出いただき、光栄に感じています。初めての代表選出になるので、精いっぱい取り組んで、チームの力になれればと思います。レッズで行っているプレーを評価されてのことだと思いますから、チャンスをもらえたら、しっかりとそうしたプレーを見せていきたいと思います。まずは今週末の鹿島アントラーズとの試合に向けて、力を尽くしていきます。応援、よろしくお願いします」

■興梠慎三
「日本代表に選出いただき、光栄です。しっかりとチームの勝利に貢献できるよう、力を尽くします。リーグ首位の鹿島アントラーズとの試合を控えていますから、まずはそちらに集中したいと思います。引き続き、サポートをよろしくお願いします」