画像は「聖☆おにいさん」公式サイト スクリーンショット

写真拡大

漫画『聖☆おにいさん』が、プロデュース・山田孝之、監督・福田雄一のコンビで実写ドラマ化されることが21日、わかった。


22日発売の「モーニング・ツー」2017年2月号の表紙には、「[プロデュース]山田孝之×[脚本・監督]福田雄一で奇蹟の実写化」との記載。これを『聖☆おにいさん』公式Twitterがフライング公開したことで明らかになった。表紙では山田の出演などには触れておらず、詳細は誌面で明かされる。


「聖☆おにいさん」は、中村光によるブッダとイエスをモチーフにしたコメディ漫画。ブッダとイエスが、下界のバカンスを満喫しようと東京都・立川の風呂なし安アパートで暮らす物語となっている。OVAや2013年5月公開の劇場版でアニメ化、今年11月には実写ドラマ化が発表されていた。